トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

社会福祉士国家試験対策講座と我が家の本棚!?

29日の日曜日は兵庫社会福祉士会・兵庫県精神保健福祉士協会・神戸市社会福祉協議会共催の国家試験対策講座で更生保護制度の講義をしました。

更生保護制度は社会福祉士の専門科目で昨年から試験科目になっています。勿論,私が受験した時にはありません。(平成11年1月の試験でした)

社会福祉士の受験対策講座で,保護観察,仮釈放,執行猶予,社会内処遇などの司法手続の用語を用いて話すのは,正直違和感があるのですが,聞いておられる方々の反応を見て,まだまだ福祉と司法には距離があるんだなと思いました。

ちなみに,我が家の本棚は,福祉と司法のコラボレーションです。まず本棚は高知刑務所製CAPIC商品です。ひのきでできていてきわめて頑丈!いい品物です。

http://www.e-capic.com/ でご覧ください。

で,その中にある本はというと,福祉関係の本や論文集,更生保護の本,刑務所関係の本,死刑の本などなどです。最近,司法の本が福祉の本よりも領地を広げつつあるかも(*^-^)

ある日,本棚を見た来客が「すごい本棚やな」と,

もちろん,本棚をほめたのではなく,おいてある本に驚いていたのでした。「刑」の字のオンパレードですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

また気になる事件が

悩ましげな事件が起きました

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/433460/

知的障がい者の兄(少年)が小学生の弟を殺害した。

地元の福祉関係者の皆さん。動いてください。弁護士さんと共に。

原田が役に立てるのであれば,遠方ですがお手伝いします。

よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井に行ってきました

今日福井で講演をしてきました。

福井の社会福祉士会の皆さん,よくして頂いてありがとうございます。

いい質問やご意見も頂いてよかったと思いました。

講演が終わり,駅まで送っていただいて,その後スーパーで買い物をしました。

お目当ては,へしこです。私は母方の郷里が石川県なので,幼いころから魚のぬか漬けが好物でして,福井ならばサバのへしこを買わないといけません。

土産物屋で買えば高いので,スーパーへ直行。リーズナブルな価格で手に入れて,なおかつ100均でクールバックを買ってスーパーの無料の氷で冷やして持ち帰ったのでした。

次男の希望の羽二重餅も買いました。持たせていただいたお土産は,羽二重餅が苦手な長男が喜んでありがとうございます。

サンダーバードがうれしかったですね。車両内で聞こえてきた会話,「なんでサンダーバードなん?」「さあ?」

おいおい,サンダー→雷,バード→鳥,雷鳥やん。天然記念物だよ。未だに,「雷鳥で福井に」と言ってしまう原田です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

明日は福井,あさっては神戸

明日8月28日は,福井市に講演に行きます。

第1回福井地域生活定着支援センター公開セミナーで講演させていただきます。

隠れ鉄ちゃんの私としては,久しぶりにサンダーバードに乗れるのがかなり楽しみなのです。( ̄ー ̄)ニヤリ

福井の皆さんよろしくお願いします。

さらにあさって8月29日は,神戸で社会福祉士受験対策講座です。

担当は更生保護です。社会福祉士の専門科目なんですが,昨年の出題は4問でした。しかし,更生緊急保護や仮釈放など司法手続の問題で,結構細かいことを聞いていて福祉の世界ではマニアックな感じです。

このブログでもソーシャルワーカーが知っておきたい司法手続を紹介していけたらと思います。

勿論,今までの記事にも書いていますが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

社会面が楽しく読める講座2

さてさて,刑法の第25条1項の規定で,

次に掲げる者が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。
ということでした。つまりは執行猶予は3年以下の刑でないと付かないのです。懲役4年執行猶予5年はありえません。
5億円ほどの詐欺罪で起訴された有名作曲家がいましたが,この人の場合,求刑が懲役5年でした。
私は懲役3年執行猶予5年の判決と予想しました。私のケースでもやはり求刑5年で懲役3年執行猶予5年だったのがあったんですが,これって読めるんです。
まず,求刑の半分以下に判決が下がるのは珍しいですし,半分以下なら検察も控訴を検討するでしょう。従って,5年求刑だったら半分以下ではない3年で執行猶予ということになり,検察側の控訴もないと踏めますから,5年求刑ならば執行猶予の可能性大だと思うわけですね。
したがって,初犯っぽい人の求刑が5年以下だったら,執行猶予が付きそうだと予想ができるのです。ちなみにのりぴーの場合,覚せい剤の初犯の相場であるイチロクサン,つまり,懲役1年6月執行猶予3年だったわけです。この予想もあたりました。
「原田よ6ヶ月が6月にまちがっているぞ!」ご心配なく,懲役1年6ヶ月ではなく1年6月という表記が正しいのですよ。ちなみに○○被告と新聞などによく書いてありますが,刑事裁判では被告ではなく被告人です。被告は民事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

社会面が楽しく読める講座1

私は法学部出身でもなく,ましてや刑法や刑事訴訟法なんて全く関係のない人だったんですが,ここ7年ほど触法障がい者の支援をするにつれて,刑事手続のことを理解するようになってきました。

刑事手続を知らないとこういった支援はできないのですね。だから,半ば強制的にお勉強して,さらに体で覚えたのです。

刑事手続を知ると新聞の社会面が楽しく読めます。

たとえば,刑法の第25条1項の規定で,

次に掲げる者が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。
1.前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
2.前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
となっています。2号を見てください。要は禁錮刑以上で刑期を満了後5年以内に犯罪をして刑の言い渡しを受ければ,執行猶予はつかないということなのです。
これが,開店ドアのように何度も受刑してしまう原因です。つまりおにぎり1個の万引きで何回も刑務所に行くのはこれが原因です。
障がい者に限らず,短期刑でそれほど重大な罪ではないのに実刑判決となっていれば,累犯の人なんだろうという事ですね。
勿論,執行猶予中に犯罪をし,執行猶予中に刑が確定してしまえば執行猶予が取り消しとなって前刑とあわせた刑を持っていくことになります。刑務所が初めての人やかなりご無沙汰の人は2刑や下手すれば3刑持ち,リピーターの人は1刑だけなので初めての人よりも短かったりするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員裁判その1

昨日,被告人が発達障害である裁判員裁判の証言の打ち合わせをしたのです。

以前にも似たような人の裁判員裁判で証言をしたのですが,難しいことは障がいをわかってもらうことでした。裁判員は障がい福祉は素人の方が多いので,その裁判員に障がいをわかってもらうのが難しいのです。

特に,発達障がいや軽度の知的障がいの人は一般の方にはわかりにくく,ともすれば変わった人,無愛想な人,最悪反省してない人ととらえられてしまいます。特に表情を変えずに淡々とはきはき答えている被告人となるとどう思われるでしょう?

一番わかりやすいのは,例をあげて「たとえば...」と説明することだと結論を得ました。

私を含め,数少ない裁判支援をやっている福祉関係者は,刑を軽くするためにやっているのではなく障がいを正しくとらえて判断してほしいがために,また再犯防止のために支援をしているので,その人の障がい像,つまりは生活ニーズにおける障がい像を伝えることが大切なんだと思っています。

司法アクセス権の保障のためでもありますね。

しかし,めちゃくちゃエネルギーを使います(@Д@;

普通の裁判と違って,裁判員からの質問のための評議もはさむのでかなり長丁場になりますからかなり大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

本のご紹介です

さっそく本のご紹介です。

まずは「発達障害と司法」現代人文社です。私も1章分担執筆しています。大先生が多く書いておられて,大変役立つ本です。

http://218.42.146.84/genjin//search.cgi?mode=detail&bnum=20185 現代人文社の本書のHP

41phdepohvl__sl500_aa300__3

次に少し古いですがNHK社会福祉セミナー2009年8月~11月号です。私が出たNHK福祉ネットワークの抄録が掲載されています。

51itij9lk2l__sl500_aa300__3

「紹介したい書籍や論文など」の写真はAmazonにリンクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを始めました

すでに事業所(「であい」)のブログは立ち上げているのですが,これは私個人のブログです。個人的なことは,このブログに書いていきたいと思っていますので,今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年9月 »