« 運動会とコミュニティー | トップページ | 論文が査読を通過しました »

2010年10月11日 (月)

リーガル・ソーシャルワークを伝えていく

リーガル・ソーシャルワークは特殊な事ではありません。

私は,面接,相談援助,ケースマネジメントといった一般的な社会福祉援助技術の一環であって,インテークの部分やアウトリーチ的な要素など若干の特徴があるものと考えています。

今,大切だと思っているのは,社会福祉援助技術として全体の中のリーガル・ソーシャルワークをどう伝えていって,今後地域でこういった支援を行っていく人を増やしていくかということです。あくまでもリーガル・ソーシャルワーク論に特化するものではなく,社会福祉援助技術の一環であるというスタンツだと思っています。

実践はそのスタンツであり,また学問的には,司法福祉論の一つの領域として位置付けられるべきものでしょう。

私が講演をしたり,また著書・論文を書いたり,こうやってブログに表わしていくのはそういった啓発の一環です。時々売名行為と勘違いされる方がいますが,全くそうではありません。こうした支援を広める先には,利用者が必ず居るのです。

私は,少しでもこういった支援やについて語ることができるのであれば,教職等の場面を与えていただければ幸いとも思っています。

私も人生の半ばは過ぎていますので,後進の育成は急務です。これはリーガル・ソーシャルワーカーを育成するのではなく,リーガル・ソーシャルワークができるようなスピリットをもったソーシャルワーカーを広く,あらゆる福祉の実践現場に出して行きたいということです。

ご協力いただける方がいれば幸いです。

|

« 運動会とコミュニティー | トップページ | 論文が査読を通過しました »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/49708456

この記事へのトラックバック一覧です: リーガル・ソーシャルワークを伝えていく:

« 運動会とコミュニティー | トップページ | 論文が査読を通過しました »