« プロフィールを書き足しました | トップページ | 昨日は兵庫社会福祉士会障がい福祉委員会学習会に行きました »

2010年10月17日 (日)

保護観察ケース

しばしば保護観察のケースの対応をすることがあります。

保護観察は,犯罪をした人や非行のある少年が,実社会の中でその健全な一員として更生するように,国の責任において指導監督及び補導援護を行うもので,下記のとおり1号観察から5号観察までの5種があります。なお,保護観察を行なう機関は保護観察所であり,ボランティアである保護司が主任保護観察官と共にその実施にあたります。

  • 1号観察 家庭裁判所の審判により保護観察に付された少年
  • 2号観察 少年院の仮退院を許可された少年
  • 3号観察 刑事施設からの仮釈放を許可された人
  • 4号観察 裁判所で刑の執行を猶予され,かつ保護観察が付された人
  • 5号観察 婦人補導院の仮退院を許可された人

俗に言う「ホゴカン」は1号観察のことですね。少年院は,ほとんどが仮退院「カリタイ」なので少年院送致になった少年の大半は2号観察になります。

仮釈放,俗に言う「カリシャク」は3号観察ですが,無期懲役の場合,恩赦がない限り亡くなるまで仮釈放ということになります。「うなぎ」という映画のベースになった,「仮釈放」吉村 昭という小説が参考になります。

4号観察は,保護観察付の執行猶予の場合です。前刑執行猶予でその執行猶予中に再度の起訴判決言い渡しで執行猶予という場合や強盗致傷など,普通ならばほぼ確実実刑なんだけれども酌量減刑で執行猶予が付いた(9月の記事を参照)

なんてときですね,懲役3年執行猶予5年保護観察付は天一杯ということになります。

5号観察は,婦人補導院自体が東京に1ヵ所しかありませんからめったにないでしょうね。婦人補導院は売春防止法の施設です。

|

« プロフィールを書き足しました | トップページ | 昨日は兵庫社会福祉士会障がい福祉委員会学習会に行きました »

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/49765142

この記事へのトラックバック一覧です: 保護観察ケース:

« プロフィールを書き足しました | トップページ | 昨日は兵庫社会福祉士会障がい福祉委員会学習会に行きました »