« なぜ「原田 和明」実名でのブログなのか | トップページ | 手をつなぐ11月号に記事を寄稿しました »

2010年10月31日 (日)

今日はひょうご矯正展に行ってきました

神戸刑務所で催されたひょうご矯正展に一家で行ってきました。

招待状をいただいていて,昨年に引き続き2度目です。昨年も今年もあいにくの雨でした。

雨にもかかわらず,食事は模擬店で食べ,子どもたちもスーパーボールすくいや輪投げ,くじ引きに興じていました。

それから,各刑務所のCAPIC製品の買い物のも...これは予定外の出費でした。下の子は奈良少刑のゾウさんの木のおもちゃ,上の子は京都刑務所の日本列島の都道府県のパズルを希望し手に入れたのでした。そして私といえば,去年と同じく受付で封筒便箋セットをいただきました。

2010hyougokyouseiten_2

いつも感心させられるのは,品質の良さです。よくできています。我が家にある高知刑務所製の本棚も展示されていて,あらためてその質の良さに感心させられました。質の良さの割に,値段が安いのがCAPIC製品のいいところです。

また,市原刑務所の醤油やみそが23年度末で製造中止になる旨書かれていました。残念,ショック!

そして,神戸刑務所内見学を去年と同様にさせていただきました。最近,うちの子供たちは録画で「モリのアサガオ」という確定死刑囚と刑務官のドラマを見ていて(私も見ているのですが)どうも,刑務所には確定死刑囚がいると思っているのか,「ここにいる人は死ぬの?」と聞いていました。「ここにいる人は刑期が10年未満で,犯罪傾向の進んだ人。」という説明をして,かみさんに「わかる訳ないやろ!」とたしなめられたのでした。

食事の説明では「米7割麦3割」との話。「家といっしょやね」とかみさんにつっこまれました。ちなみにうちの下の子は「線の入ったご飯」といってこの7:3の麦飯が大好物です。

ですが,「お願いだから,シャバだけで麦飯は食べてね。」と思っています。

ところで,この京都刑務所の都道府県パズルですが,もう少し大きくして,刑務所の所在地を示しておけば面白いかも。なんてことを考えるのは私くらいでしょうか?

|

« なぜ「原田 和明」実名でのブログなのか | トップページ | 手をつなぐ11月号に記事を寄稿しました »

司法福祉」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

面白い家庭ですね^^

うちはおもいっきり円満ではないのでそんな話でも盛り上がれる親子がうらやましいです(笑)

投稿: ドラ息子 | 2010年11月 5日 (金) 23時29分

ほとんど子どもをどこかに連れて行かないもので...

たまに連れて行っても,こうやって刑務所です。

投稿: 原田 | 2010年11月 6日 (土) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/49900192

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はひょうご矯正展に行ってきました:

« なぜ「原田 和明」実名でのブログなのか | トップページ | 手をつなぐ11月号に記事を寄稿しました »