« 次郎さんのブログに記事を書いてもらいました | トップページ | 昨日は1日東京でした2(国立のぞみの園研究検討委員会) »

2010年11月 6日 (土)

昨日は1日東京でした1(本のおすすめ)

昨日は,品川でまず出版社Sプランニングの鈴木代表と会いました。出版の打ち合わせです。鈴木さんにはお昼などもいただいて,大変お世話になりありがとうございました。

最新刊の

相楽の廣瀬さんが書いた「命と存在を支え合う」

http://www.s-pla.jp/products/detail.php?product_id=26

東京の大石弁護士の編著の「知的・発達障害のある人の支援と犯罪ノート」

http://www.s-pla.jp/products/detail.php?product_id=24

をいただきました。ちなみに,「知的・発達障害のある人の支援と犯罪ノート」は,別の著作の資料として,共著者からすでに提供されていましたので2冊になりました。なお,「命と存在を支え合う」の著者の廣瀬さんは今ガンと闘っておられます。

どちらもいい本だと思いますので,是非読んでください。Sプランニングの本は書店にはないのでネットで直接お買い求めください。

私の書く本の出版は,来年2月くらいでしょうか。

Sプランニングは他にも,リーガルソーシャルワークやソーシャルワークに参考になる本を出版されておられます。

SプランニングTop http://www.s-pla.jp/

|

« 次郎さんのブログに記事を書いてもらいました | トップページ | 昨日は1日東京でした2(国立のぞみの園研究検討委員会) »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/49949088

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は1日東京でした1(本のおすすめ):

» 命と存在を支え合う――相楽福祉会の理念と実践 [To Be Freedom@読書三昧]
永年、知的障碍者支援に携わってこられた、社会福祉法人相楽福祉会理事・廣瀨明彦さんの想い。 私も同じような分野にいる端くれとして、共感できる部分、「すごいなぁ」と圧倒される部分がたくさんありました。 「この子らを世の光に」の糸賀一雄先生の影響を色濃く受…... [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 10時31分

« 次郎さんのブログに記事を書いてもらいました | トップページ | 昨日は1日東京でした2(国立のぞみの園研究検討委員会) »