« 東金事件の裁判が始まりましたね | トップページ | 年末になってきましたが:原田はぷー太郎に!? »

2010年12月23日 (木)

今年最後の裁判員裁判

先だって,私にとって今年最後の裁判員裁判がありました。

殺人の裁判です。精神の障がいがある人でしたが,責任能力はある人でした。

尋問にも立ちました。腕輪数珠と胸には般若心経を入れての証言でした。被害者はもう語ることはできません。

判決は,当然ながら10年以上の刑期でした。これから長いお付き合いが続きます。

殺人というのは,理由はどうであれ,戦争という異常な事態やではない中で人類という理性がある動物が,同種同類の生命を奪うという本当に重い事実であると感じています。そして,再び起こすことを絶対防がないといけないとも思います。

結構,精神的に疲れてしまうのですね。ダメージはしばらく続くかも。

|

« 東金事件の裁判が始まりましたね | トップページ | 年末になってきましたが:原田はぷー太郎に!? »

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/50376872

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の裁判員裁判:

« 東金事件の裁判が始まりましたね | トップページ | 年末になってきましたが:原田はぷー太郎に!? »