« 任意入院の壁(愚痴です) | トップページ | アクセス6000を超えました »

2010年12月11日 (土)

刑務所からの便り

今度は少しいい話です。

刑務所からは出られません。(当たり前ですが)

したがって受刑者に会うには,面会という形が基本です。しかしながら,たとえ更生に資する者とはいえども「知人」なので,文書で許可を求めたりしてからでないと会えません。

このように,保護面接が許可されているケースでもない限り,拘置所のように気軽に面会ができないのです。また,刑務所は私の職場から自動車で1時間等比較的遠いところが多く,さらに他府県の刑務所であれば,なおさら面会がしづらくなってしまいます。

また,面会回数も優遇措置の段階によって決まってきます。下のファイルを見てください。親族が面会に来る人の場合には,一般面会の場合,面会回数の調整も必要になってくるのです。

「yuuguusochi.pdf」をダウンロード

面会の穴を埋めるため手紙の交信をするのですが,上記のファイルにあるように受刑者の手紙の発信も規制があるのです。ただし,受刑者が手紙を受けるのは制限がありません。

「刑務所に移送されたら手紙を送って」と話していた短期刑の受刑者から手紙が来ないので,ここだと目星をつけた刑務所に送ってみました。

その人から返事が来たのです。

たどたどしく,短い手紙でしたが,工場で真面目にやっていることと,満期出所日等が書かれていて,また手紙を書きますと書かれていました。

こういうことに喜んでしまう原田でした。(o^-^o)

|

« 任意入院の壁(愚痴です) | トップページ | アクセス6000を超えました »

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/50268207

この記事へのトラックバック一覧です: 刑務所からの便り:

« 任意入院の壁(愚痴です) | トップページ | アクセス6000を超えました »