« 強制わいせつ事件:知的障がい者の告訴能力 | トップページ | 今年最後の裁判員裁判 »

2010年12月23日 (木)

東金事件の裁判が始まりましたね

東金事件の裁判が始まりました。

当初の冤罪主張から起訴事実の認定に変わったようですが,事件のことは関係者にしかわかりませんのでコメントはあえて避けておきます。

ただ,現実として知的障がい者が殺人という重い罪を犯し,裁かれていることは事実です。

訴訟能力の有無や心神耗弱のことはこれから裁判で判断されるのでしょうが,実刑となれば刑務所で処遇されるわけです。

日本の刑罰は因果応報刑で,教育的要素は勿論あるのですが,一般刑務所で知的障がいのある人を長期間拘束することは,知的障がいのない人よりも過酷になる可能性があるのではとも思えます。

しかしながら,人の生命を奪うことは許されない行為です。法的責任能力があると判断されれば,罰せられることは当然であるとも言えましょう。

いずれにしても,障がい福祉関係者にとって重い事実であることには変わりありません。

|

« 強制わいせつ事件:知的障がい者の告訴能力 | トップページ | 今年最後の裁判員裁判 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/50376703

この記事へのトラックバック一覧です: 東金事件の裁判が始まりましたね:

« 強制わいせつ事件:知的障がい者の告訴能力 | トップページ | 今年最後の裁判員裁判 »