« 知的障がい者に自白の誘導?追加 | トップページ | 本のチラシ正式Verができました »

2011年1月20日 (木)

東金事件の求刑がありました

千葉県東金市で2008年9月、保育園児Yちゃん(当時5歳)が殺害された事件で、殺人と死体遺棄、未成年者略取罪に問われた被告(23)の論告求刑公判が20日、千葉地裁(栃木力裁判長)であった。

 検察側は「5歳の女児の命が奪われた重大な犯行。遺族の処罰を求める意思は厳しく、軽度の精神遅滞を考慮しても相当な処罰が必要」とし、懲役20年を求刑した。判決は3月4日。

 起訴状などでは、被告は08年9月21日午前11時40分頃、自宅近くの路上で見かけたYちゃんを自宅マンションに連れ去り、水を張った浴槽に沈めて溺死させ、遺体を近くの路上に遺棄したとしている。

 軽度の知的障害のある被告の訴訟能力の有無や責任能力の程度が争点となっており、検察側は、Yちゃんの衣服を窓から捨てるなど犯行を隠そうとした行動や専門医の鑑定から責任能力も訴訟能力もあると主張。弁護側は「裁判を理解する能力はなく、殺人については犯行時、心神耗弱の状態だった」と主張している。

(読売新聞)
求刑懲役20年,長いか短いかというような評価は,あえて避けておきたいと思います。ご遺族にとっては,幼子を突然奪われたのですから,どんなに長い刑であっても納得はできないのではないかと思います。
しかしながら,知的障がいのある人が10年以上の刑を務めるということは,障がいのない人に比べれば大変なことであろうと思います。たとえ知的障がいがあっても,本当に反省し,悔やみ,被害者の死を悼むようにならないと,単に苦しみを与えるだけの刑罰になってしまいます。
もちろん,まだ判決が出たわけでもありません。心神喪失や心神耗弱が大きく認められたりや訴訟能力がないという結果になる可能性がゼロとは言えません。
ただ,殺人という罪とそれに対する求刑懲役20年という罪の重みを感じました。関わったケースで求刑が懲役10年以上だった人と判決後に面会した時,あまりの長さにショックだったと言っていました。それだけのことをしたのだからという話をしましたが...
今日は重いニュースが多いですね。

|

« 知的障がい者に自白の誘導?追加 | トップページ | 本のチラシ正式Verができました »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/50637716

この記事へのトラックバック一覧です: 東金事件の求刑がありました:

« 知的障がい者に自白の誘導?追加 | トップページ | 本のチラシ正式Verができました »