« 国際犯罪者学会大会の別のセッションにも参加します | トップページ | 知的障がい者に自白の誘導?追加 »

2011年1月20日 (木)

知的障がい者に自白の誘導?

大阪府警に現住建造物等放火などの容疑で逮捕・送検された男性(29)に知的障害があり、物事をうまく説明できないのに、男性が取り調べで詳細な犯行状況や謝罪の言葉を述べたとする「自白調書」を大阪地検堺支部の男性検事(41)=当時=が作成していたことがわかった。朝日新聞が事件関係者を通じ、同支部が取り調べの様子を撮影・録画したDVDを分析。何度も説明に詰まる男性に対し、検事が調書の内容に沿うように事実上誘導しながら確認する場面が残されていた。

 検察側は昨年1月に男性を起訴したが、補充捜査で自白調書の信用性に疑いが生じたとして、同11月に起訴の取り消しを求める異例の措置をとり、約11カ月間勾留していた男性を釈放した。この調書について、複数の地検幹部は朝日新聞の取材に「検事が男性の言葉をまとめすぎた」として不適切だったことを認めており、郵便不正事件の捜査で浮き彫りになった調書作成の在り方が改めて問われる。

 男性は2009年12月、大阪府貝塚市内の長屋に侵入し、ライターですだれなどに火をつけたとして昨年1月5日に府警に逮捕され、地検堺支部に送検された。

 関係者によると、問題の自白調書は起訴5日前の同21日に作成され、A4判11枚にわたり「ライターを取り出すと、利き手の右手に持ちました」「(住宅の)窓の右下隅あたりの木か何かや紙のようなものに近づけました」「ライターの炎であぶるようにすると火が燃え移りました」などと書かれ、男性が取り調べで犯行状況を細かく説明した内容になっていた。被害者にも「火をつけたことに間違いなく、償いをしなければいけない」と謝罪の言葉を述べたと記されていた。

しかし、検事が読み聞かせた調書を確認する場面が録画されたDVDには、「火がどうなるところまで見たのかな」と尋ねる検事に対し、男性が「……え、と……」とうまく答えられない場面や、男性が検事の言葉をおうむ返しにする状況が映っていた。

 火が広がった状況についても男性は当初、「見てなかった」と答え、これに対して検事が調書内容に合うように「見てたんか」「見てたのでいいのかな」と繰り返し質問。男性が「はい、見てた」と翻す場面も残っていた。

 一方、自白調書には、男性の事件への関与の有無を確認するために、検事が送検後の男性に「君が火をつけたのではないのではないか」と質問したと記載されていた。この質問方法について、地検の補充捜査で意見を求められた警察庁科学警察研究所の技官が「男性の障害を考慮すれば二重否定の質問は不適切だ」と指摘したという。

 起訴前に男性の障害を検察側に伝えていたという弁護人の荒井俊英弁護士は「調書は検事が誘導し、作文された疑いがある」とし、取り調べ状況を録音・録画する可視化の全面導入を訴えた。大島忠郁(ただふみ)次席検事は「捜査自体は違法ではなく、起訴当時の判断には問題はなかった」として男性検事を処分していない。(板橋洋佳、野上英文) 朝日新聞

この知的障がいのある男性は,300日ほど拘束されたのち,公訴の取り消しによって釈放された人ですよね。冤罪であるのならば,誠に気の毒な話です。

報道の通りだとしたら,一般人の感覚では不適切なことで囚われの身になったということになりますね。違法性については,私は公にコメントする立場ではありません。

ただ,郵便不正事件の件があったことや,不起訴になっていないという点で「検察」がということになっていますが,郵便不正事件は地検特捜部が直接調べていて,警察は捜査していません。ところが,本件は放火事件で警察が逮捕して,調べて送検しているのですよね。検事調書は警察でとった調書が基になっていますから,警察の調べはどうだったのかなぁとも思います。

現住建造物等放火という重大な犯罪で,起訴前に障がいは弁護人から伝えられていたということですから,せめても簡易鑑定はしていたんでしょう。ですから,簡易鑑定上では「起訴できる」という責任能力の人であったのでしょうね。

この男性が療育手帳をもっていたかどうかはわかりませんが,手帳があっても特に障がいが比較的軽い人は知的障がいがあることを隠したいがために,よくわかっていても「そうです」と答えてしまったり。「こんな簡単なことはわかっているよね」などと言われると,迎合してしまったりする場合があります。

有名な宇都宮事件では,同じサングラスを持っている等々と容疑者にされたご本人が言っていたのですが,警察官の言うことに合わせて答えているうちに強盗の犯人になってしまい,すんでのところで「俺やってねー」ということになったのですが,ことの重大性を感じにくいというのもあるのでしょうか。

まさか「このようなことは実は氷山の一角です」なんてことはないですよね。また,氷山の一角のケースが死刑囚で,さらにもう執行されていました。何てことはないですよね。

恐ろしい。

|

« 国際犯罪者学会大会の別のセッションにも参加します | トップページ | 知的障がい者に自白の誘導?追加 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/50636426

この記事へのトラックバック一覧です: 知的障がい者に自白の誘導?:

« 国際犯罪者学会大会の別のセッションにも参加します | トップページ | 知的障がい者に自白の誘導?追加 »