« 大震災に思う | トップページ | 支援の車列と配給体制 »

2011年3月17日 (木)

今回の震災と宮城刑務所

東北の刑務所,特に宮城刑務所は仙台にあって,なおかつ津波被害の大きかった若林区にあるのですが,津波は刑務所まで達しませんでした。

刑務所は頑強にできていて,塀も土を掘っての逃走を防ぐためなのか土中深くに基礎が入っています。もちろん建物も頑強にできています。広島刑務所の塀は原爆の爆風にもびくともしなかったと言います。

ただ,断水,停電。さらには食糧不足は深刻なのかなぁーと思います。非常食はあったでしょうがもうないのでは?外部発注するにしても,その外部が発注を受けられる状況ではないでしょうね。

宮城刑務所はLB,B,P級になっていて,長期刑累犯,累犯,身体障がいや疾病のある受刑者を収容しています。

こんな大災害に遭っても日本の刑務所は暴動がおきません。世界で最も少ない人数の刑務官で多くの受刑者を管理しているのが日本の刑務所です。

この苦難の中,刑務官も受刑者も大変なことだと思います。

|

« 大震災に思う | トップページ | 支援の車列と配給体制 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

宮城刑務所の近くに住んでいます
阪神淡路大震災と違い浜沿い以外は倒壊した家も無くライフラインが復旧すれば通常通り生活できそうに思えます。周辺は5日間停電していましたが刑務所だけは非常発電で普通に照明がついていました。外から見た分には建物や塀も壊れていません。避難所に救援物資は全く届いてませんので、刑務所内部も備蓄のみで運営していると思われます。ただ、刑務所内の医務部に知り合いが勤めていますが震災した当日無事の連絡があったきり、職務で缶詰状態のようです

投稿: 若林区の住人 | 2011年3月18日 (金) 01時33分

情報ありがとうございます。

刑務所の職員さんも仕事とはいえ,大変だろうと思います。

職員さんも戒護区域には携帯を持ち込めないので,こんな時でも家族から孤立しているようなものですね。

投稿: 原田です | 2011年3月18日 (金) 12時33分

社会にもうすぐ出れる受刑者に何かメリットになる約束事をしてボランティアをしてもらうわけにはいかないものでしょうか。力持ちの人もいれば若い健康な人もいるわけで時間がもったいないです。法律上難しいのでしょうけど。

投稿: はやママ | 2011年3月21日 (月) 11時30分

日本の刑務所の一部では,所外作業を行っているところもあります。塀のない刑務所としては松山刑務所大井作業所(造船所)が有名で,受刑者と一般の社員が一緒に仕事をしています。

ただ,こういった刑務所はA級といって犯罪傾向の進んでいない,いわゆる初犯刑務所です。被災地に一番近い宮城刑務所は受刑者の7割程度がLB級と言って10年以上の長期刑で犯罪傾向の進んだ者ですから,ちょっと外にはだせないでしょうね。

投稿: 原田です | 2011年3月21日 (月) 13時05分

地震直後からニュースなどには報道されないのでどんな様子なのかもわからず…宮城刑務所にいる知り合いの安否を気にしていました。このブログを見つけて刑務所は大丈夫だと知り安心しました。今回の震災で被害にあわれて亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

投稿: cocoro | 2011年3月23日 (水) 07時36分

地震当所は大変だったでしょうが,官も受刑者も冷静だったんでしょうね。
ある意味,刑務所は受刑者を保護している場所です。刑務所の役割は,無事受刑させて,無事出所させることですからこんな時だからこそ,職員はいつもより気を使ったろうと思います。
隣の,東北少年院や青葉女子学園といった少年院も無事なようですね。
私からも改めて,亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 原田です | 2011年3月23日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/51142211

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の震災と宮城刑務所:

« 大震災に思う | トップページ | 支援の車列と配給体制 »