« 触法障がい者,高齢者支援について~連携をしましょう | トップページ | 受刑者が飲酒!~拘置所って誰が収容者の世話をする? »

2011年3月 5日 (土)

東金事件の判決がありました

昨日,東金事件の判決がありました。求刑懲役20年に対して,判決は懲役15年でした。

弁護側が主張した,訴訟能力がないことや犯行時の心神耗弱は認められませんでしたが,「軽度の知的障がいがある被告には一般人に比べ非難の度合いには限りがある。」としての減刑でした。

この刑が重いのかそうでないのかは,私にはわかりません。しかし,知的障がいのある人が,殺人という重大な犯罪を犯し実刑,それも10年を超える懲役刑の言い渡しがおこなわれたことは現実です。

控訴するのかどうかは,まだ確定まで14日ありますからわかりませんが,10年以上の刑ですから,26歳未満の被告は川越少刑から千葉刑か,千葉刑に直接かということになりましょう。いずれにしても知的障がい者で初犯の彼には,特に初めはつらいものがあるでしょうね。

しかし,全く罪のない幼い女の子の命が奪われたことは事実であり,刑が確定すればしっかりと務めてもらって,2度とこんなことが起きないよう,出所後の支援を福祉関係者には考えてほしいものです。刑期的に引き継ぎをしっかりしないといけませんね。

|

« 触法障がい者,高齢者支援について~連携をしましょう | トップページ | 受刑者が飲酒!~拘置所って誰が収容者の世話をする? »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/51035170

この記事へのトラックバック一覧です: 東金事件の判決がありました:

« 触法障がい者,高齢者支援について~連携をしましょう | トップページ | 受刑者が飲酒!~拘置所って誰が収容者の世話をする? »