« 3月14日に近畿更生保護委員会の研修でお話をさせてもらいました | トップページ | 仮釈放された人とお話をしました »

2011年3月27日 (日)

昨日は加古川で成年後見のお話をしました

昨日は加古川市で成年後見のお話をしました。

加古川市の皆さんお世話になりありがとうございました。

成年後見は,制度としては10年を超えていますが,なかなか国民の理解を得られていません。日本は,血縁の強い国なので法よりも血縁という感じが強いのです。

本来,法的に銀行預金は,本人か法定代理人以外は入出金できないことになっていますが,キャッシュカードで出金できたり,金融機関によっては窓口に配偶者や子どもが来た場合,高額な金額以外は出金を認めていたりします。

昨日も,「親が子,子が親のことを見るのは当たり前」と会場から発言された方がいましたが,あくまでも遵法をもとにした話をさせていただいたので,血縁をもとにした対応のことをおっしゃってもベースが全く異なっている話で,「これは法律の話ですので」としか言えませんでしたm(__)m

そういえば,「子が親の面倒を見るのは当たり前」と発言した議員さんもいましたね。

ドイツあたりに行くと,「虐待された子どもの後見人が親を相手に訴訟をおこす」何てことは当然なのだそうです。

成年後見は弱い人を法で守る制度です。血縁よりも法が勝ることを国民がもっと知るべきでありますし,血縁に頼るがあまり,多くの権利侵害がおきていることを国民は知るべきかと思います。

|

« 3月14日に近畿更生保護委員会の研修でお話をさせてもらいました | トップページ | 仮釈放された人とお話をしました »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/51227571

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は加古川で成年後見のお話をしました:

« 3月14日に近畿更生保護委員会の研修でお話をさせてもらいました | トップページ | 仮釈放された人とお話をしました »