« 知的障がい者対応専門弁護士の派遣 | トップページ | 週末里親の知的障がいのある少女に対するわいせつ事件 »

2011年5月24日 (火)

岡山の知的障がい者監禁致死事件について

知的障害で高等支援学校に通う長女(16)の手足を縛って死亡させたとして、岡山県警岡山西署は23日、岡山市北区北方2、無職、清原陽子容疑者(37)を逮捕監禁致死容疑で逮捕した。長女は発見時の体重が27キロしかなく、かなり痩せていた。清原容疑者は自分で110番通報した際、「しつけをするために縛って立たせた」と説明していたが、逮捕後は黙秘しているという。同署には2年前、市内にある児童相談所から「身体の虐待とネグレクト(養育放棄)の疑いがある」と情報提供があったという。

 逮捕容疑は今年2月28日午後8時ごろ、自宅アパートで、岡山県立岡山瀬戸高等支援学校1年の麗(れい)さんを裸にし、手足をビニールひもで縛って約5時間にわたって風呂場に立たせ、放置して死亡させたとされる。

 清原容疑者は翌日午前1時20分ごろ、麗さんが倒れているのに気付いて「娘が風呂場で死んでいる」と110番していた。麗さんは警察官が現場に駆け付けた時は息があったが同午前3時10分ごろ、病院で死亡が確認された。低体温症だった。

 救急搬送の際、麗さんの体に複数のあざが見つかり、身長137センチ、体重27キロで小学校中学年程度。文部科学省の調査では、麗さんと同じ16歳女性の平均身長は157・7センチ、体重は52・7キロ。麗さんには知的障害があり、読み書きの能力は小学2年生程度だったという。【五十嵐朋子】(毎日新聞)

この母娘の間に何があったのでしょうか?被疑者である以上まだ犯人と決まったわけではありませんから,何とも言えない部分があります。

事件は2月末から3月1日ですから,この母は娘が死んだ現場に1ヶ月以上住んでいたのでしょうか?どういう心境だったのかとも思います。お葬式は,出したのでしょうか?

知的障がいがある被害者の娘さんは,どういう娘さんだったのでしょうか?しつけとのことですが,厳しいしつけを受けないといけないほどの問題行動があったのでしょうか?高等特別支援学校とのことで,中度程度の知的障がいのようですから就職を目指していたのでしょうか?

いずれにせよ,人一人の命が奪われたことには変わりありません。被疑者の母は黙秘しているようですが,娘さんの冥福のためにも真実を語ってほしいと思います。

知的障がい者への虐待事件は,結構起こっています。食事をさせなかったり,保険金詐欺のために親が殺めたケースもあります。もし,障がいがあるということで,障がい者の命を健常者といわれる人々よりも軽く見てしまっているのならば,こんな悲しいことはありません。

もうかなり前のことですが,心臓移植に関わったとき,アメリカではダウン症の人など知的障がいのある人は臓器の提供を受けることができないと聞きました。強い憤りを覚えました。命よりも優生を優先するとは...

本件も,もし被害者がノーマルな領域の人であったらこんなことには,おそらくなっていないわけです。自ら願って背負ったわけではない障がいのために,死という最大の生活支障を被った被害者のご冥福をお祈りします。

合掌

|

« 知的障がい者対応専門弁護士の派遣 | トップページ | 週末里親の知的障がいのある少女に対するわいせつ事件 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

発達障害の子の療育、日常生活の大変さ
異常さもしらない、母子の成育歴など
背景もはっきりしならないのに、マスコミは事実は語っているかもしれないが、
真実はわかっていないと思います。
発達障害をとりまく事情をもっと勉強してから、えらそうなことを書いてください。

投稿: ちゃあ | 2011年6月 3日 (金) 22時25分

ちゃあさんへ

お気を悪くされたようですね。申し訳ないと思います。

私が申し上げたかったのは,障がいうんぬんよりも人が1人死んだ事実の重さです。

この記事の時点では,ご覧のように知的障がいのみが記されています。

たしかにその後発達障がいということが新聞に書かれていました。

お母さんは,彼女に障がいがなければこれほどまでに厳しいしつけをしなかったのではないでしょうか。

発達障がいの人を取り巻く環境は,当事者ほどではないですが,私自身相談支援の人間として,10数年取っ組み合う中で,ある程度理解しているつもりです。

私自身,小学校の頃は情緒に問題があると言われていましたし,正直,今でも偏っていると認知しています。

私が言いたいのは,背景等があることはわかります。裁判になれば酌量もされるでしょう。しかし,結果として一人の人が死んだことは事実であり,決して病死や事故死とはいえないという事実は変わらないということです。

投稿: 原田です | 2011年6月 3日 (金) 22時39分

JR北海道バス

JR深名線の路線バス廃止

投稿: 永江聡 | 2011年6月12日 (日) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/51757571

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山の知的障がい者監禁致死事件について:

« 知的障がい者対応専門弁護士の派遣 | トップページ | 週末里親の知的障がいのある少女に対するわいせつ事件 »