« 裁判対応をやってもらいました | トップページ | NPO ほっとポットさんのHPと相互リンクを貼りました »

2011年6月19日 (日)

最近性犯加害者対応が続きました~考えさせられたこと

昨日今日と土日連続して行事のため南専に出勤しました。

さて,ここのところ,性犯加害者の対応が続きました。ケースの内容は様々です。

最前線は,実際対応している支援者にお願いして,私はアドバイスなどの後方支援が役割の中心です。

ある軽度の知的障がいのある人のケースは,グループホーム理容を開始し,しばらくして強制わいせつ事件を起こしました。ずいぶんと前にも同様の事が1度あったようですが,前歴にはなっていませんでしたから,厳重注意程度で済んだのでしょうか?

問題だったのは,過去に適応障害で何回も入退院を繰り返していたことがきちんと引き継がれず,なおかつ,地域移行後,生活場面が変わったことで不安定になっていたにもかかわらず,対処が遅れたことです。このあたりの影響は大きいのではないかと思われました。

知的障がいのある人や発達障がいのある人は,コミニュケーションの力や適応力そのものが低いことも多く,生活場面や人間関係の変化で不適応をおこして,自己防衛的に適応障害になるケースが多いように思います。その適応障害が,反社会的行動につながってしまうことも見受けられます。

しかし,事件を起こしたのは本人ですから本人に責任の一義はあります。犯罪の責任は社会がそのすべてを負うものではありません。ただし,こういった背景は斟酌されてしかりですし,どういう処分になろうとも再犯防止の策をしっかりと支援者と本人で考えなければなりません。

ですが,性犯のつらいところは加害者の心の傷です。もちろん,どんな事件でも加害者とその家族にトラウマが付きまとう場合はありましょう。しかし,性犯の場合,被害を人に話すこともはばかられ,ずっと心の奥にしまっている人もおられるでしょう。

男の私があまり言うことではないのかもしれませんが,そういう意味では,再犯をさせてはいけないと思うこととあわせて,被害者の気持ちを受け止めて,それなりの罰を受けることも必要ではと思うことも確かです。

難しいですね。

|

« 裁判対応をやってもらいました | トップページ | NPO ほっとポットさんのHPと相互リンクを貼りました »

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/51983310

この記事へのトラックバック一覧です: 最近性犯加害者対応が続きました~考えさせられたこと:

« 裁判対応をやってもらいました | トップページ | NPO ほっとポットさんのHPと相互リンクを貼りました »