« 江田法相の死刑についての発言 | トップページ | ある少年の逮捕 »

2011年8月 1日 (月)

毎日新聞社説から~障害者基本法改正~

個別分野では「司法手続き」と「選挙」が注目される。刑事事件で障害者が判断能力の弱さにつけ込まれて自白調書を取られて冤罪(えんざい)事件になったケースが数々ある。改正法では個々の障害者の特性に応じた意思疎通の手段の確保、関係職員の研修などを義務づけた。また、障害者が選挙権を行使できるように配慮することも盛り込まれた。

毎日新聞の本日の社説の抜粋です。

まずは,司法手続きに書かれています。

「刑事事件で障害者が判断能力の弱さにつけ込まれて自白調書を取られて冤罪(えんざい)事件になったケースが数々ある。」,宇都宮事件などのことですね。このブログでも大阪の放火冤罪事件などをとりあげましたが,個人的にも冤罪ではないかというケースにかかわっていますし,冤罪でなくとも,事実とは違うのでは???といったまま裁判になっているようなケースもありました。

前にも書いたように,「やったんやな」(怖いので)「はい」,(調書を読み上げて)「これで違ってるところはないな」,(何を読んだのか意味がわからないけど)「はい」,なんてことは,絶対にないようになるということですね。

かなり前に,知的障がいのある人への判決言い渡しで,裁判官が気を使って一生懸命わかりやすく説明しようとしたのですが,慣れないことをしたのでますますわかりにくくなっていたといった笑い話のような場面を見ましたが,そういうこともなくなるのかなぁと思います。

「障害者が選挙権を行使できるように配慮することも盛り込まれた。」ということで,今,違憲を争って訴訟になっている,成年被後見人の選挙権,被選挙権の問題にも影響するのでしょうか?民法改正があるのかもしれませんね。

また,北欧のように,どんな障がいのある人でも理解できる選挙公報や政見放送などがされるようになるのでしょうか?

いずれにせよ,障害者権利条約の批准を見据えての障害者基本法改正です。努力規定が多いという問題もありますが,とりあえずこれは障がい者制度改革推進会議の初仕事というところなんでしょうか。

この件は,リーガルソーシャルワーカーとして,特にこの「司法手続き」と「選挙権の行使」について突っ込んで書いてみたいと思っていますのでよろしくです。

|

« 江田法相の死刑についての発言 | トップページ | ある少年の逮捕 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/52363012

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞社説から~障害者基本法改正~:

» IKEA家具のことならおまかせください [Witch House]
IKEA(イケア)正規取扱店 Witch House です。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年8月 2日 (火) 01時49分

« 江田法相の死刑についての発言 | トップページ | ある少年の逮捕 »