« 東金事件控訴棄却~障がい者・高齢者への刑罰~ | トップページ | 今年も地区の運動会に参加しました »

2011年9月30日 (金)

ノルウェーの刑務所とサウジの女性の自動車運転むち打ち刑

131158876267713224490_prison04_2

犯罪の少ない北欧のノルウェーで悲惨なテロ事件が起き,多くの人が殺害されたのは皆さんもよく覚えておられると思います。

そのノルウェーは,教育刑の要素が強く,最高刑は禁錮21年だそうで,現行法上,このテロ事件の被告人も禁錮21年になるらしいのです。日本ならば死刑のケースですね。

その上,ノルウェーの刑務所は日本の刑務所とは大きく異なるようです。下の写真は最近できた刑務所らしいのですが,それにしてもきれいですよね。美祢社会復帰促進センターの居室もすごいと思ったのですが,テレビだけではなく,シャワー,小型冷蔵庫付きで,なおかつトイレは個室のようです。

すごいでしょう。これってまるでビジネスホテルですよね。

131158873048213304862_prison03_3

日本の刑務所と大違いです。昔,社会福祉士のスクーリングで泊まった新宿の安いビジネスホテルはもっとひどかったです。

ここでの禁錮21年と,日本の絞首刑,あるいは無期懲役との差はなんなんでしょうか?しかも日本の無期懲役は仮釈放まで平均30年以上です。

そうかと思えば,国王の一声でなくなってしまいましたが,女性なのに自動車を運転した罪でのむち打ち刑。正直びっくりしました。無免許運転でも罰金刑ですよね。それと女性が自動車を運転してはいけないとか,かってに移動したらいけないとか...

罪種類とと刑罰のありかた。国が違えばかなり違いますね。当然ですが...しかし,罪を犯すのも裁くのも,そして被害者も,国こそ違えど同じ人間なのにと思ってしまいます。

|

« 東金事件控訴棄却~障がい者・高齢者への刑罰~ | トップページ | 今年も地区の運動会に参加しました »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本とノルウエーとのの違いは、施設の問題だけではなく、“精神”の問題ですね。

 美祢でも、所長や職員が受刑者と談笑しながら昼食を摂ったりはしないでしょう。

 受刑者を一人の尊厳ある人間として扱うかどうかと言われれば、日本では間違いなくNOと言うでしょうが、どのような立場であれ人として尊重しない人がいると言うことは、裏を返せば、どの人間に対しても尊厳を認めない可能性があるということです。

 『蟹工船』のようですが。

投稿: 高比良整骨院 | 2011年10月 2日 (日) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/52872373

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェーの刑務所とサウジの女性の自動車運転むち打ち刑:

« 東金事件控訴棄却~障がい者・高齢者への刑罰~ | トップページ | 今年も地区の運動会に参加しました »