« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月21日 (金)

39条減刑→心神喪失か心神耗弱か たぶん医療観察ケースに

母親を自宅で殺害したとして殺人罪に問われ、1審・大分地裁の裁判員裁判で有罪判決を言い渡された大分県竹田市の無職男性(51)の控訴審判決で、福岡高裁は18日「1審には重大な事実誤認がある」として、1審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 川口宰護裁判長は「被告は事件当時、慢性期の統合失調症で精神障害の程度は重かった」と述べ、1審が認定した、刑事責任が限定的に問える心神耗弱状態ではなく、刑事責任能力が問えない心神喪失状態だったと指摘した。

 男性は昨年1月27日夜、自宅で母親(当時78歳)の首や胸を缶切りなどで突き刺し、殺害したとして起訴された。

 弁護側は1審段階から心神喪失による無罪を主張。しかし、1審は男性が買い物などをしていたことや、刺し傷が胸など急所に集中していたことから、行動をコントロールできたとして、心神耗弱状態を認定。懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役6年)の有罪判決を言い渡した。【岸達也】(毎日新聞)

殺人事件だったので,1審は39条減刑を認めても実刑と思いましたが懲役3年保護観察付執行猶予5年の天いっぱいの執行猶予だったんですね。

2審は無罪ですが,1審のまま確定していても,いずれにせよ医療観察となるのは必至の案件ですね。積極的な治療が行われることで対象行為を認識できるよになればいいとは思います。ただ,医療観察制度の是非についてはいろいろとありますが...

現在の病状はいかがなものなのでしょうかね?控訴審だから本人は出廷しなかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

10月9日読売新聞大阪に風を読むに載りました

遅ればせならですが,10月9日の読売新聞大阪(朝刊)の「風を読む」というコラムに記事が載りました。大阪なので近畿以外の地域の人はご覧になれなかったと思います。

記事をPDFで送っていただいたのでUPします。

「2011.10.09YomiuriOsakaKazenozahyo.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

久しぶりに触法ケースの話をじっくりしました

最近は,実習巡回等で忙しくこのブログにもあまり記事を書けないでいます。

さてさて,今日は他府県のケースの件で,その援護の実施者の行政,支援センターの皆さんとじっくりお話をすることができました。

知的障がいのある触法のケースでしかも家庭に問題あり。よくある話です。ただし初犯で,犯行内容は犯意が薄く,どちらかというとはずみであって,命にかかわる恐れがある犯罪で結果も重大だったので一発実刑になったようです。再犯可能性は低いとのことでした。

出所後の施設生活がうまくいかないようで,集団生活は苦手な様子でした。自立生活の経験があるようです。

そこで,本人中心の視点で考えると,保護することよりも自立のほうが望ましいのでは?衣食住は確かに施設やグループホームで保障できても,集団生活である以上人間関係の負担が増してしまいます。

この人の場合,地域の中で一定の支援を受けながら生活した方が良いのではと判断しました。

事情があって出身地には戻れないようなので,住む場所は考えないといけないようですぅが,そのあたりは,それにつなげる細かいテクニックも提案させてもらいました。

どんなケースも本人中心主義で考えることが大事で,まずは,施設が通所がホームがから考えるのではなく,本人にとって何がベターなのかを考えるべきだと思います。福祉をやっている者は,どうしても箱ものサービスを利用することがベストになりがちです。しかし,本人中心主義に立つと,人によってはそうでない場合もあるのです。インフォーマルなサービスが良い人や,見守り支援が良い人もいるのですね。

知的障がい者にとってホームに居住し,通所サービスを利用したり就労することがあたかも一番いい,あたりまえといったような考え方をされている方々とかつて一緒に仕事をしていた時期がありましたが,相談支援の私の立場から言うとNOです。ライフスタイルは人それぞれなのです。

本人中心主義を福祉をする者は絶対忘れてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

緊急事態の連絡

ここしばらくは,忙しいこともあって記事が書けませんでした。

さて,昨日,相談を受けるの予定をしていた某相談支援事業所さんから連絡があり。「相談ケース(軽度知的障がいのある刑余者)が施設内で弱い人への迷惑行為が頻回で,退所を余儀なくされている。」とのことでした。施設としてはやむを得ない対応でしょう。

緊急事態ですが私は動ける状況ではなかったため,シェルター機能のあるところの連絡先を伝え,本日退所ということであれば連絡してみるようにお伝えしました。

苦し紛れの対応ですが,思いつくのはこれ位でした。

累犯の人らしいのですが,地域に戻ると反社会的行動がでます。かといって施設では規則が守れません。施設のルールが守れなければ,社会のルールが守れないのも当然かとも思います。

こういう人が難しいのですね。シャバとムショの往復の人生になってほしくないのですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

今年も地区の運動会に参加しました

昨年と同様に昨日地区の運動会に参加しました。

昨年の記事です。

http://harada-fukusi.cocolog-nifty.com/_swharada/2010/10/post-8691.html

今年は,ついに子どものスウェーデンリレーが無くなってしまいました。小学生がほとんどいない地区があるのです。地域の少子化と高齢化進みつつあります。

思うに地区の運動会って安いレジャーですね。昼食弁当やお茶,ビール,子どもたちのお菓子は自治会から出ます。

昨日は午後から出番がないので,午後はビールをかなり飲んで出来上がっていました。

そして,地域の幼稚園から小学生高学年までの子どもたちが,一緒に走り回っていました。昔々の地域の姿ですね。

毎朝,駅で見かける人も来ていて地域の運動会を感じさせられました。また,外国人の住民も「Undokai」に参加していました。国際色が豊かです(笑)

私の出番は,綱引きと,スプーンリレー。特に綱引きは予選2回戦を勝ち抜き,準決勝で敗退しました。セミファイナリストです(笑)

予想通り,本日は朝からあっちこっちが神経痛になっています。

今年もコミュニティーの大切さを感じさせる地区の運動会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »