« 児童虐待に思う | トップページ | 昨日は諏訪市に行ってきました »

2011年11月28日 (月)

岡山の監禁致死事件地裁判決

岡山市で知的・発達障害のある長女(当時16)の手足を縛り、浴室に監禁して死亡させたとして逮捕監禁致死罪に問われた被告(38)の裁判員裁判で、岡山地裁は25日、懲役3年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 被告は公判中、終始帽子をかぶって顔を隠し、両耳を手で押さえ、被告人質問でも一言も発しなかった。裁判員を務めた20代の男性は「被害者を亡くしたことを本当に反省しているのかどうか聞きたかった」と話した。弁護側は即日控訴した。

 判決理由で森岡孝介裁判長は「ひものような物で首を絞めるなど、以前からあざや傷ができるほどの暴行を加え、しつけとは言い難い行為を繰り返した。自由を奪った上で寒い浴室内に長時間全裸で立たせたのはあまりに過酷で明らかに度を超えている」と述べた。

 判決によると、2月28日午後8時ごろ、自宅アパートで裸の長女の両手足をビニールひもで縛り、約5時間浴室に立たせて監禁し、低体温症で死亡させた。〔共同〕

正直なところ求刑が5年だったので,懲役3年執行猶予5年保護観察付の天一杯と読んでいましたが,実刑でした。

裁判中一言も発さず,両耳を手で押さえてというところでは,確かにどう思っているのか何もわかりませんね。つまりは真実を追求したいができない状態とも言えます。

どう考えても,被告人の母親の精神状態に問題があるのでは?とも思います。ただ,どういう障がいがあろうとも生きる権利や傷付けられない権利があります。確かに,過酷で度を越えているという言葉はその通りでしょう。命の大切さは計り知れません。

被害者は窃盗などの行為障害があって被告人も悩んでいたのでしょうが,行為障害は往々にしてコミュニケーションの障がいのある人からのメッセージだったりします。

いかんせん,支援からこぼれていたという実感はいなめません。

|

« 児童虐待に思う | トップページ | 昨日は諏訪市に行ってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/53358198

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山の監禁致死事件地裁判決:

« 児童虐待に思う | トップページ | 昨日は諏訪市に行ってきました »