« 神戸新聞に載ったようです~たぶん12月8日~ | トップページ | てんかんのある運転手,児童6人死亡事故判決 »

2011年12月14日 (水)

なぜ少年院案件が多くなってきたのか

今は少年院案件が3人います。仮退院予定日がかぶっている人もいます。

なぜこんなに増えてきたのでしょうか?

一つは刑務所出所者については,地域生活定着支援センターが整備され,特別調整という生活環境調整もあります。

もちろん,少年院退院者にも特別調整という手続はあるのですが,特別調整は満期退院者のみということになります。しかし,少年院はほとんどが仮退院ですし,また,刑罰ではないので,一定の教育効果が上がれば仮退院するのが筋でしょう。

したがって少年院仮退院者は,特別調整~地域生活定着支援センターという流れにのりにくいというのはあります。

ですが,生活環境が好ましくないので非行があるケースがほとんどです。元の生活に何の支援もなく戻してしまうことで再非行のリスクが高くなります。特に障がいのある少年は,自己抑制力や意思決定の力といった点からもリスクが高くなったりします。

こんなところから,少年院案件が増えてきたのかもしれません。

仮退院であっても支援は必要なのです。勿論,うまくいかないことも多いです。しかし,いつかうまくいくと信じてやるしかないなと思うのです。

こんなことをやっていると「うーん最前線にもどりたい」と思ってしまう今日この頃です。

「触法ケース支援だけでメシが食えたらなー」

|

« 神戸新聞に載ったようです~たぶん12月8日~ | トップページ | てんかんのある運転手,児童6人死亡事故判決 »

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させて戴いております。
和田と申します。
いきなり質問なんですが、特別調整とはなんですか?

投稿: はじめまして。 | 2011年12月14日 (水) 01時07分

お返事遅くなりました。

出所者,退院者の生活環境の調整には,特別調整と一般調整があって

特別調整:
生活環境調整のうち,高齢(おおむね65歳以 上)であり,又は障害を有する入所者等であって,かつ,適当な帰住予定地が確保されていない者を対象として,特別の手続に基づき,帰住予定地の確保その他必要な生活環境の整備を行うものをいう。
一般調整:
生活環境調整のうち,特別調整以外のものをいう。

となっています。

投稿: 原田です | 2011年12月16日 (金) 07時20分

ありがとうございます。

投稿: | 2011年12月18日 (日) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/53475924

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ少年院案件が多くなってきたのか:

« 神戸新聞に載ったようです~たぶん12月8日~ | トップページ | てんかんのある運転手,児童6人死亡事故判決 »