« 2月の予定など | トップページ | 女児遺体遺棄事件 »

2012年2月 5日 (日)

障がいのある中3少女買春容疑で75歳男性逮捕

コミュニケーション能力などに障害を持ち、支援学級に通う中学3年の女子生徒を買春したとして、兵庫県警少年育成課などは2日、神戸市内の無職の男(75)を児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。「家に遊びに来ただけ」と否認しているという。県警は、男が障害につけ込んだ疑いもあるとみて追及する方針。

 逮捕容疑は、男の自宅で昨年10月1日、女子生徒が18歳未満と知りながら、1000円を渡してみだらな行為をした、とされる。捜査関係者によると、男は同年6~11月に十数回にわたって女子生徒を自宅に連れ込んでいたとみられ、余罪を調べる。女子生徒は被害の意味をはっきりと理解していないといい、男の近所の人からの通報で発覚した。

 ◇表面化しにくく

 コミュニケーション能力などの障害につけ込んだ性犯罪の被害は表面化しにくいのが現状だという。被害者に被害認識が薄いうえ、日時や当時の状況を周囲に説明できないケースが多いためだ。知的障害者の弁護を多く担当する黒岩海映(みはえ)弁護士(新潟県弁護士会)は「事件化されるのはごく一部では」と話す。

 障害者の性問題にも取り組むNPO「エンパワメント・プランニング協会」(大阪市)の野嶋スマ子代表は「被害を受ける人は他人を警戒するのが不得意で、他人の言うことに流されやすい傾向がある」と分析。障害者が性に関心を持つことへの理解や性教育の必要性が社会的に認識されていないことが被害の背景にあると指摘する。【椋田佳代】(毎日新聞)

本件は児童買春での容疑です。しかし,「実態は準強制わいせつか準強姦では?」と思う方は多いでしょう。

この記事で黒岩弁護士が書いていますが,私も被害者が障がい者で立件が難しかったケースはいくつか経験しています。かつての事件では水戸事件が刑事では強姦が立証困難で不起訴となり,民事では認められて損害賠償となりました。

障がいがあると知りながらこういう行為をやっていたとしたら,正直なところ絶対に許せません。判断能力や証言能力が低い障がい者が被害者の性犯罪がもっと立件できるようにならないとと思うのは私だけでしょうか?被害者としても加害者としても不利になるのでは,平等とはとても言い難いと思うのです。

|

« 2月の予定など | トップページ | 女児遺体遺棄事件 »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/53900426

この記事へのトラックバック一覧です: 障がいのある中3少女買春容疑で75歳男性逮捕:

« 2月の予定など | トップページ | 女児遺体遺棄事件 »