« 大阪2児餓死事件1審判決で思うことその2~お世話になっている記者の記事なので~ | トップページ | 殺人の罪を犯した人との接見 »

2012年3月18日 (日)

横浜の高齢者・重度障がい者孤立死事件について

 横浜市旭区の住宅で昨年12月、病死した2人暮らしの母子が発見されていたことが17日、神奈川県警旭署への取材で分かった。母親(77)の死後、小児まひと重度の知的障害がある息子(44)も孤立したまま死亡したとみられる。

 同署によると、息子が通っていた福祉施設の職員が、同区中希望が丘の母子方の電話に誰も出ないことから昨年12月6日に訪問。玄関は施錠されていたが、開いていた窓からトイレ付近であおむけに倒れている息子を見つけて同署に110番した。駆けつけた署員が、台所で倒れて死んでいる母親とともに死亡を確認した。

 行政解剖の結果、母親は解離性大動脈瘤(りゅう)破裂で昨年11月末に死亡、息子は発見前日の12月5日、肺気腫と呼吸不全で死亡したとみられる。

 母親は高血圧と糖尿病を患い、息子は一人で歩いたり食事したりができない状態だった。息子が福祉施設への通所を嫌がったため、昨年9月から通わなくなっていた。父親が昨年夏に死亡してからは母親が介護していた。電気とガスの供給は続いていた。

 近くに住む70代の男性によると、母子はあいさつ程度の近所づきあいしかなかった。【倉岡一樹、宗岡敬介】毎日新聞

こういった事件が最近多いですね。都会での孤立死。コミュニティーが失われてきているのでしょうか。地域で支援が必要なはずの世帯が,支援を受けられることなく重大な事態となっている。

これって,大阪2児餓死事件と同じですね。

先だってある市の民生委員さんの研修に出講した時のある民生員さんの意見が思い出されます。「先日,受け持ち地域で孤独死がありました。以前生活保護を受けていたが,就職されたので保護が廃止になっていた人でした。市役所に相談に行ったようですが,すぐに連絡してもらえれば様子を見に行けたのに。個人情報の保護はあると思いますが。」といったような内容でした。

個人情報の保護よりも人(人命)の保護の方が優先されると思います。行政が巡回等を行うことがマンパワー的に難しいのであれば民生・児童委員の活用やNPOなどへの委託といった形をとってでもコミュニティーを守るべきです。法的にコミュニティーソーシャルワーカーを制度化すべきかとも思います。

|

« 大阪2児餓死事件1審判決で思うことその2~お世話になっている記者の記事なので~ | トップページ | 殺人の罪を犯した人との接見 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/54248574

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の高齢者・重度障がい者孤立死事件について:

« 大阪2児餓死事件1審判決で思うことその2~お世話になっている記者の記事なので~ | トップページ | 殺人の罪を犯した人との接見 »