« 低血糖発作とてんかん発作~どちらも交通死亡事故事件の判決~ | トップページ | 出所した人から連絡がありました~嬉しいこと~ »

2012年5月27日 (日)

次長課長の河本さんはスケープゴート?

笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)は25日、母親が最近まで生活保護を受給していたことを東京都内で開かれた記者会見で認め、一部を返還する考えを明らかにした。厚生労働省は今後、扶養可能な親族がいる場合は、家庭裁判所での調停を通じ、民法の扶養義務を果たさせるよう自治体に呼びかけるなど、運用を厳格化することを決めた。

 「母親は一人で僕と姉を育てた。面倒をみなければならないのに、自分がしっかりしていれば、嫌な思いをさせることもなかった。申し訳ない」。25日午前、河本さんは記者会見で涙ながらに何度も頭を下げた。

 先月、週刊誌の報道をきっかけに河本さんが批判にさらされるようになったのは、息子である河本さんには民法で母親の扶養義務があるからだ。

 河本さんによると、母親は14~15年前に病気で働けなくなり、生活保護を受けるようになった。仕事が全くなかった当時の河本さんにとって、母親を支援する余裕はなかったが、5~6年前から知名度が上がり収入も増えたため、生活費を支援するようになった。

 福祉事務所にも相談しており、違法とはいえないケースだが、援助は一部にとどまり、受給は先月、母親が打ち切りを申し出るまで続いていたという。

 この問題を巡っては、制度の運用や行政側の対応の課題も浮き彫りになった。

 同省によると、生活保護の受給申請があると、自治体は申請した人の親族に生活援助が可能かどうかを照会する。ただ、親族の回答はあくまでも自己申告で、仮に事実とは違う内容を説明されても見抜くのは難しい。また、経済力があっても親族が扶養を断ることは可能で、結局は申請した人の生活が困窮しているかどうかで受給の可否が判断される仕組みだ。

 受給が始まった後、自治体は原則年1回、親族の経済状態を調べ、受給者の扶養が可能かを再検討することになっている。しかし、担当のケースワーカーが確認を怠っているケースもあるとみられ、河本さんのケースでは、調査は約15年間に3回程度にとどまっていた。(読売新聞)

芸能人の方なので名前を出させていただきます.まるで不正受給をしているがごとく書かれていますが,扶養については行政と相談しながら実施しているし,同一市町村内に住むいわゆる特別扶養義務者ではないので,違法ではありません.

芸能人でテレビにも出ていて,高年収が世間にも知られているので,その母親が生活保護を受給していることが感情的に許されないので大騒ぎになっているとしか思えません.

生活保護を受給しながら立派に息子を育て,その息子が長い下積み生活の結果やっと売れた.

生活保護などとは無縁に育った政治家の方が,個人名を挙げて指摘されたようですが,まじめに働いて扶養の義務も行っていた人を吊し上げるよりも,覚せい剤売買やノミ行為,窃盗などの違法行為で利益を得ながら生活保護を受けている人たちを糾弾することのほうが筋ではないでしょうか?

河本さんのお母さんが気の毒です.

こういう目立つ人を吊し上げることで,対立する勢力に対して国民感情をあおることができるのかもしれませんが,そもそも問題は,前政権から続いている失業等の景気対策であり,生活保護の受給における厳格化は,納税者へのアピールにしか過ぎないと思います.そもそも生活保護受給を柔軟にしたのは前政権の厚生労働大臣でした.(もうべつの政党の代表ですが)

河本さんはスケープゴートに見えて仕方がないのです.芸能人であっても国民の一人です.ましてや,明日をも知れない職業なのに.

|

« 低血糖発作とてんかん発作~どちらも交通死亡事故事件の判決~ | トップページ | 出所した人から連絡がありました~嬉しいこと~ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/54808995

この記事へのトラックバック一覧です: 次長課長の河本さんはスケープゴート?:

« 低血糖発作とてんかん発作~どちらも交通死亡事故事件の判決~ | トップページ | 出所した人から連絡がありました~嬉しいこと~ »