« お手紙をいただいた方が無事仮釈放されました | トップページ | 検察が更生支援~知的障がい者だけの問題か?!~ »

2012年5月 3日 (木)

刑事事件被害に遭うということ

最近また記事が書けていませんでした.いつまでも書かないのはいけないので5月に入ったことですし少し書きます.

刑事事件被害に遭うということは,物だけではなく心の被害も大きいものだ.大した犯罪ではなくとも気持ちが悪い.

以前,ある駅でカバンが当たった若い男性から無言で胸のあたりをたたかれたことがあった.大柄な私にはまったくダメージがなかったのだが,ホームで「警察に行くかと」厳しく注意すると去って行った.

その後,なんとなくその駅に行くのが嫌だった.

また,物を盗られるとまた盗られるのではないか(また災難があるのではないか?)と思ったりもする.

嫌な気持ちがしばらく続く.時間を戻してほしいと思う.

重大な交通事故が続いているのを見ると,自動車運転過失致死傷も大きな刑事事件なのだと思う.

被害者本人,家族の思いはどれほどかと思う.亡くなった方はもちろんお気の毒だが,けがの状態を報道で知る限りでは,首の骨を折っている人もいるようだ.頚椎損傷や脊椎損傷で今後車イスの生活となる人もいるのだろうか.本当に重大な事件であると思う.

|

« お手紙をいただいた方が無事仮釈放されました | トップページ | 検察が更生支援~知的障がい者だけの問題か?!~ »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/54617709

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事事件被害に遭うということ:

« お手紙をいただいた方が無事仮釈放されました | トップページ | 検察が更生支援~知的障がい者だけの問題か?!~ »