« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

少年事件の付添人が倍増7割超す 大阪兵庫は5割

 犯罪や非行で家裁送致され、少年鑑別所に収容された少年に、弁護士などの「付添人」が付いた割合が昨年、初めて7割を超えたことが最高裁の調査で分かった。5年間でほぼ倍増した。ただ、なお5割に満たない県があるなど地域間格差が大きく、国費で弁護士を付ける国選付添人の選任率は4%前後にとどまっている。日本弁護士連合会は「少年鑑別所に身柄を拘束された少年は重い処分を受ける可能性が高く、全員に付添人が必要だ。費用も本来は国が賄うべきだ」と国選付添人制度の拡充を訴えている。

 福井県では昨年、鑑別所に収容された少年全員に付添人が付いた。全国に先駆けて01年2月に制度がスタートした福岡県でも96%に上った。これに対し、茨城(41%)、山梨(44%)、兵庫(47%)の各県は半数未満にとどまり、少年事件が全国最多の大阪府も52%にとどまる。毎日新聞【渋江千春】

 少年事件の付添人って詳しく知られていないことが多いです.少年院に入所したケースの保護者でも知らない人が多く,ほとんどが自身が付添人になっています.経済的に問題がない家庭でもそうだったりするのですね.

 国選付添人が選任される検察官関与決定がされる事件以外の事件でも当然つけるべきだと思います.つまりは刑事裁判が悉皆的に弁護人がつくように,少年審判においても悉皆的に付添人がつけられるべきだと思うのです.

 特に障がいがあって特殊教育課程や医療措置課程での少年院処遇となる場合や1号観察や不処分などの社会内処遇の場合にしても福祉的支援を予定する必要がある場合は,社会福祉士や精神保健福祉士といった福祉専門職を弁護士の付添人に併せて追加選任できるようなシステムをとる必要があるかと思います.

 望ましいのは成人司法でもそういった形に近い判決前調査のあり方かと思います.

 しかし,地域間格差がひどいのは極めて不平等な気がします.少年司法は司法福祉の範疇でもあるので,法曹界のみならず福祉サイドも含めてこの問題は検討されるべきかと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

財産不適切管理で成年後見人を解任

 T県の知的障害者施設に入所する数十人の財産管理が不適切だったとして、U家裁が入所者の成年後見人を務める親族らのうち、保護者会会長の男性(75)を5月に後見人から解任したことが29日、分かった。他の後見人約50人も財産管理の権限を弁護士に移した。

 関係者によると、保護者会は2009年、施設の修繕費を賄うため約50人の後見人に呼び掛けて約1億5千万円を集め、当面の使途がなかった約6300万円で投資信託を購入した。家裁によると、元本が保証されない投資信託の購入は「不適切な財産管理」に当たる可能性があるという。

 後見人は入所者が障害年金などでためた財産から拠出。集めた資金のうち約7千万円は施設に寄付し、約1400万円はエアコンの交換費用として、施設に代わり業者に払った。(産経新聞)

 横領などの悪意があるものではないことは明らかなのですが,集めた額の大きさと出所が被後見人の資産という点では問題があるのでしょう.

 保護者にしてみれば一生懸命子のために貯めたお金でしょうから,子どもの生活のために使うということでおかしくはないことも理解できるのです.

 ただ,法律で判断能力が低い人を守るための成年後見制度ですから,たとえ親族後見といえどもその業務内容や家裁に報告するべきことなどを知っておく必要があります.

 今回も事前に家裁に上申し,その判断を仰ぐことで問題は回避できたのではないかと思うのです.

 親族後見人への選任時教育が必要だと痛感させられました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

野党の問責決議案提出に思う~流れてしまう少年院法等改正法案~

私は支持政党もなく,古い言葉でいうとノンポリに属している.

ただ,ソーシャルワーカーとして福祉や社会保障の法律や施策には当然興味があるし,司法福祉の実践をしている者として,刑法や刑事訴訟法,少年法,矯正施設にかかわる法律などにも当然興味がある.

参議院で野田総理の問責決議案が可決されるらしい.これが可決されると,自公はもう審議に応じないらしく,国会は事実上の休会状態となってこのまま閉会してしまうらしい.

ついこの間まで,与党と自公が政局を見つめながら,可決に向けてやり取りをしていた消費税関連法案.そのおかげで,審議が後回しになった法案がいくつもある.

少年院法等の改正法案もその一つだ.参議院で審議中だった.この法案は,少年院や少年鑑別所の運営監視にあたる第三者機関を設置したり,収容されている少年たち等から,法務大臣への不服申し立ての制度化といった権利擁護にかかわる重要な改正法案である.

この法案は少年院で職員が収容されている少年に対して体罰を加えた事件を機に3月に閣議決定されたものであるが結果的には先送りになってしまう.

政局よりも少年たちの人権の方が大切なのではないかと思えてならないのは,私だけなのであろうか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

国立のぞみの園『福祉のサービスを必要とする罪を犯した知的障害者等の地域生活支援を行う施設職員等研修会』

国立のぞみの園主催の研修会です.

昨年は,新前橋のみで開催したのですが大盛況だったそうで,確かに私は昨年も講師で登壇したのですが満員御礼でした.

今年も登壇させていただくのですが,今年は大阪会場もあって年2回開催となりました.同じプログラムを2回おこないます.

ということで,申込書を貼りつけるのですが,ごめんなさい,うっかりしてブログ記事にすることを忘れていました.締切は明日24日までで,定員に達し次第受付終了なのですm(__)m

申込書  「seminar2012_No1_full.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

西日本新聞に記事が載りました

本日西日本新聞の記者の久保田さんが学校までみえられました.

8月14日の朝刊に載った「罪と更生」という大阪地裁のアスペルガー障がいのある人への保安処分的な判決についての特集記事に私のコメントが掲載されました.浜井先生や田島先生のコメントも載っています.

JPEGファイルをUPしておきます.

「2012.08.14.nisinihonsinnbunnchoukan.jpg」をダウンロード



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

アスペルガー障がいのある被告人に対する保安処分的判決案件控訴

大阪市の自宅で昨年7月、姉(当時46)を刺殺したとして殺人罪に問われた男性被告(42)の弁護人が、発達障害を理由に検察側の求刑(懲役16年)を上回る懲役20年とした大阪地裁の裁判員裁判の判決を不服として控訴した。11日付。

 先月30日の判決は「被告の障害に対応できる受け皿がなく、再犯の恐れが強い。許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持につながる」と指摘した。これに対し、日本弁護士連合会や日本自閉症協会などから「障害への無理解と偏見がある」などと批判が相次いでいる。

 先月大阪地裁で求刑を上回る懲役20年の判決を受けた発達障害の男性被告の控訴を受け、障害者の支援団体「日本発達障害ネットワーク」は13日、「(発達障害の一種の)アスペルガー症候群の特性を正しく理解した裁判が行われることを期待する」との声明を出した。

 都内で記者会見した市川宏伸理事長は「正しい判断に基づいた裁判が行われる可能性が出たことを歓迎する」とした上で、「今回の判決は、自分の気持ちをうまく表現できないアスペルガー症候群の特性を正しく理解していない」と指摘。「控訴審では、弁護士と連携して支援を行うことも検討したい」と述べた。(朝日新聞)

予定通りですね.高裁で審理し直すべき事件です.一審が間違っているというのではありません.審理をつくすのに証拠が不十分だったからだと思います.

控訴審では,必要なことをしっかり立証してほしいものです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

アスペルガー障がいのある被告人に対する大阪地裁判決への声明等

この記事に各団体の声明等へのリンクを整理することにしました.下記のほかに京都弁護士会も会長声明を出しているそうです.

日本社会福祉士会 会長声明
http://www.jacsw.or.jp/15_TopLinks/oshirase/files/seimei.pdf

大阪弁護士会 会長談話http://www.osakaben.or.jp/web/03_speak/kanri/db/info/2012/2012_5021d6f2e13e7_0.pdf

日本児童青年精神医学会 理事長 緊急声明
http://child-adolesc.jp/topics/2012.08.07%E3%80%80-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%9C%B0%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%A3%B0%E6%98%8E.html

日本発達障害ネットワーク 理事長 声明
http://jddnet.jp/index.files/archives2012/pdf/20120809_osakasaiban.pdf

日本自閉症協会 会長 声明
http://www.oyajilink.net/library/source3.pdf

日弁連会長 談話
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2012/120810_3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

予防拘禁的な求刑を超える大阪地裁判決についての各団体からの声明

アスペルガー障がいのある被告人に対する大阪地裁の求刑を超える予防拘禁的な判決について,法曹,精神医学界,福祉,当事者及び家族など様々な団体から声明が出ています.

考えてみれば,このようになることはどう考えても評議が終わった時点で,裁判官にはわかっていたはずです.

量刑(刑の長さを)を決定するには,裁判員の過半数と1名以上の裁判官の意見でなければなりません.言い換えれば,裁判員の過半数と1名の裁判官の意見があれば他の人は反対意見であってもそれでよいということになります.

あくまでも仮定ですが,責任能力と事件の重大性,さらに制限はあるものの改悛の情と情状を酌量した結果,懲役20年の判断の裁判官1名と責任能力,事件の重大性,反省していないという判断と,受け入れ先がないのならば長く拘禁しておくべきという結果,懲役20年の裁判員5名であれば,この結果にはなります.

裁判員にとっては,提示された証拠や心証を基に判断するのが当然で,そうだといって非難することは当然できません.責務を果たされたのです.

判決は,裁判員の意見を尊重したものでなければならないので,判決内容に裁判員の意見は当然反映されて然りです.

と考えると,こういった物議を醸し出すということは,法曹たる裁判官ならば理解していたはずであろうと思いますね.裁判員裁判における課題でしょうか.

下記に声明のリンクを張っておきます.ネットに上がっていない声明もあります.

日本社会福祉士会 会長声明http://www.jacsw.or.jp/15_TopLinks/oshirase/files/seimei.pdf

大阪弁護士会 会長談話http://www.osakaben.or.jp/web/03_speak/kanri/db/info/2012/2012_5021d6f2e13e7_0.pdf

日本児童青年精神医学会 理事長 緊急声明
http://child-adolesc.jp/topics/2012.08.07%E3%80%80-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%9C%B0%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%A3%B0%E6%98%8E.html

日本発達障害ネットワーク 理事長 声明
http://jddnet.jp/index.files/archives2012/pdf/20120809_osakasaiban.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

東京の母親殺人事件について

母親(44)の首を絞めて殺害したとして警視庁は2日、長男のアルバイト少年(18)と、交際相手の無職少女(18)を殺人容疑で逮捕したと発表した。2人は都が知的障害者に発行する「愛の手帳」で最も軽度な4度の認定を受けていた。逮捕容疑は7月31日午前2時ごろ、新宿区の少年の自宅で、仕事から帰宅した少年の母の首を手で絞め殺したとしている。
少年事件課によると、2人は同日午後0時半ごろ出頭。少年は「自分が首を絞めて殺した」と認め、1日未明に逮捕された。事件当時、少年宅にいた少女も2日に逮捕され、容疑を認めている。
同課によると、2人は約1年前、通学先の都内の特別支援学校で出会い、交際していた。少女は障害者自立支援施設を抜け出し、少年宅へ度々訪れていた。
少年は母と2人暮らしで「少女が自宅に来ると、いつも施設に連絡されて連れ戻されるので『一緒に殺そう』と決意した」と供述している。(毎日新聞)

おそらく逆送ではなく,保護処分で医療少年院に送致されるのではないかと思いますが,福祉サイドとしてはなんともいえない事件です.

問題は,この少年たちの処分終了後の受け皿かと思います.短絡的に入所施設でよいのかということも含めて考えるべきでしょう.

かつて少年審判の時から支援した少年の場合は,ソーシャルワーカーとして原田個人,もしくは所属機関が支援する旨を審判書にも書いてもらって,少年院に定期的に面会に行きつつ,出所後の受け入れ先を決めていったということをやりました.この少年たちにもそういう対応が必要でしょう.

勿論,起こした事件を内省してもらうことは当然であるし,その重大性を理解するような教育がなされるべきですが,受け入れ先がないというだけで長期処遇になってしまうことがないようにしなければなりません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

日本司法福祉学会大会に行ってきました~本が売れてたぞ~

4日5日は東洋大学で日本司法福祉学会の大会でした.

4日の午前は少し開いていたので,巣鴨のとげぬき地蔵へいきました.高齢者の多い街で有名なところです.いろんな露店が並んでいて,そして確かに歩いている人は高齢者が多い.

近くのマクドナルドによったのですが,やっぱり圧倒的に高齢者が多く,不思議な感じのマックでした(笑)

4日のシンポは「ゆっくり聞いて」と思っていたのですが,なぜか私の名前が連呼されてしまい,緊張してしまいました.夜の懇親会は東洋大学の2号館16階でした,とても眺めがよくスカイツリーも見えていました.(しょっちゅう東京に行っているのに初めて見た)

スカイツリーと花火が同時に見てとてもきれいでした.

懇親会後は当然のように2次会に行き,その後千鳥足でホテルへ向かったのでした.

5日は研究発表をしました.久しぶりの少年ネタ?少年の研究成果は「発達障害と司法」以来でしょうか.去年の8月の初めのこの頃は国際犯罪学会があって触法障がい者に関わる主に入り口支援の話を2本やったせいなのか,今年は少年をやってみたかったのです.

去年の司法福祉学会は分科会で発題だけで研究発表はせずでした.

研究発表は満員で少し緊張しましたが,ご質問にも答えさせていただいて乗り切り?ホッとしました.

午後は分科会,知り合いの企画する分科会2つに出席しました.「しゃべらんとこー」と思いつつも最後の分科会はしゃべってしまいました(笑)

ところで,今回の書籍販売で,「発達障害と司法」「罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援」「ホームレスと社会Vol.6」の私が寄稿したり共著した本が全部売っていました(これも初めて見た)特に「ホームレスと社会Vol.6」がよく売れていました.1日目売り切れ,2日目再入荷して1回目の分科会が終わったころにやっぱり売り切れでした.

すごい!さすが司法福祉学会.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

大阪の保安処分的判決~京都新聞社説からと判決要旨リンク

会に受け皿がないことは障害者の罪ではない。障害を理由に刑務所に閉じ込めることは法治国家として許されない。
 殺人罪に問われた被告に対し、大阪地裁がアスペルガー症候群だと認定し、懲役16年の求刑を上回る懲役20年を言い渡した。判決は「社会にこの障害に対応できる受け皿が用意されていない」とし、「再犯の恐れがあり、刑務所収容が社会秩序維持に資する」と述べた。
 発達障害への偏見を助長する言葉であり、看過できない。
 障害者団体や医師から判決に対し、「障害への理解がない」「障害を理由に社会復帰させないのは差別だ」との厳しい批判が出ている。当然だろう。
 障害者への支援は国と社会の責務だ。にもかかわらず障害と再犯の恐れを結びつけて刑務所に長期収容し、社会から隔離する発想は受け入れられない。
 広汎性発達障害の一つであるアスペルガー症候群の人たちは、一方的に話すなど相手との「空気」や「間」を読むのが苦手だという特性がある。周囲の対応の仕方で日常的なコミュニケーションは取れるが、刑事裁判の被告になった場合に、審理期間が短い裁判員裁判の中で、自分の内面をうまく説明できなかったり、誤解を受ける恐れがかねて指摘されてきた。
 裁判官が障害の特性や障害自体が罪にあたらないことを裁判員に丁寧に説明できていたのか。犯罪の直接原因ではないものの発達障害との関連が指摘された刑事裁判では、障害を量刑の軽減にどの程度反映するかが争点だった例が多い。障害を理由に求刑を超えた厳罰を科すのは異例だ。
 判決は「受け皿はない」と断じたが、更生保護施設や発達障害支援センターなどは悩みつつ、連携して触法障害者の支援に努力している。刑務所を出た触法障害者を福祉につなごうと、厚生労働省は地域生活定着支援センターを全国に開設し支援を始めている。そんな動きに水を差す判決だ。
 被告は40代で長く引きこもり生活だったという。2005年に発達障害者支援法が施行され、京都府発達障害者支援センター「はばたき」(京田辺市)や民間団体、教育機関が相談や早期の気づきを支援しているが、成人へのサポートは学童期に比べて遅れている。
 医療や福祉、就労など発達障害がある人の社会参加を支える裾野を広げたい。障害への理解が進まない中で市民が裁判員として参加する以上、裁判所は分かりやすい訴訟指揮をすべきだった。裁判所にも発達障害者が公平な裁判を受けられるよう努力が望まれる。

[京都新聞 2012年08月02日掲載]

当然多くの人からこの声は上がるはずです.障害者総合支援法では平成26年4月施行で地域定着事業について,今までの障害者の入所施設や精神病院に加え矯正施設からの退所者も含める予定になっています.
判決で「受け皿がない」としていますが,これは証言か上申書で立証したのかなぁーとも思います.責任能力については,完全ではないかもしれませんがあると私も思いますし,障がいが犯罪をするものではないので,アスペルガー障がいのせいにすることはいけないと思いますから,引きこもりや,障がい認知がされていなかったことが酌量されるべきではと思っています.

全国「精神病」者集団さんHPの下のリンクから判決要旨がDLできますので,皆さんも考えていただければと思います.

http://www.jngmdp.org/wp-content/uploads/20120730.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »