« 大阪府立大学他主催公開講座のお知らせ | トップページ | 世界12月号の佐藤幹夫先生の記事に載りました »

2012年11月12日 (月)

遅ればせながら明後日のことなのですが~洲本市で研修会~

遅ればせながらなんですが,明後日洲本市で研修会に出講します。午前の部は公開です。

平成24年度 淡路障害者自立支援協議会研修会開催要項

1.目 的
 「罪に問われた障害者」の問題については、数年前まで、あまり光が当てられてきませんでしたが、その実態は、受刑者の4分の1に知的障害の可能性があったり、社会に受け入れられる術を知らずに犯罪を繰り返してしまう累犯障害者がいたり、また、コミュニケーションがうまくとれないために十分な取り調べや裁判を受けられないといったケースなどもあり、矯正施設(刑務所・少年院)の中には福祉の支援を必要とする数多くの方がいることが明らかになってきました。
 このような中、平成21年より、司法と福祉をつなぐ「地域生活定着支援センター」の設置が各都道府県で始まり、兵庫県でも平成22年7月にセンターが開設されています。
 今回の研修では「兵庫県地域生活定着支援センターウィズ」の相談員と、長く司法と福祉とのかけはしになってこられたソーシャルワーカーを講師にお招きし、罪を犯した人たちに必要な支援が届けられるよう、罪を犯しても再び地域で住み続けられる地域づくりのために、市民への啓発と福祉関係者の研鑚を目的として実施します。
 なお、本研修は、淡路障害者自立支援協議会と、淡路圏域内において、触法障害者への支援の充実のために兵庫県が設置している「触法障害者地域移行支援事業」の共催により下記のような内容で開催します。

2.主催等
  主催/淡路障害者自立支援協議会 共催/触法障害者地域移行支援事業(五色精光園)

3.日 時
  平成24年11月14日(水)10:00~15:30

4.場 所
  洲本市健康福祉館(みなと元気館)3階 会議室

5.参加対象者
  午前の部:当事者・家族・一般市民・相談支援専門員・障害者支援事業所の従事者等
  午後の部:相談支援専門員・障害者支援事業所の従事者等

6.参加費
  無料

7.プログラム

内     容
午前の部
 9:30
受付開始

10:00
研修会開会・オリエンテーション

10:10
演題:「兵庫県地域生活定着支援センターの役割と機能について」
講師:「ウイズ」相談員 藤原友喜 氏

11:00
休憩

11:10
演題:「触法障がい者・高齢者の支援について」
講師:兵庫社会福祉士会・南海福祉専門学校専任講師 原田和明 氏

12:00
質疑応答

12:10
終了

午後の部
13:30
両講師からの事例提供により、支援者としての実際の関わりについて学ぶ

15:30
終了

開催要項です

「kaisaiyokoawaji121114.pdf」をダウンロード


|

« 大阪府立大学他主催公開講座のお知らせ | トップページ | 世界12月号の佐藤幹夫先生の記事に載りました »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/56098985

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら明後日のことなのですが~洲本市で研修会~:

« 大阪府立大学他主催公開講座のお知らせ | トップページ | 世界12月号の佐藤幹夫先生の記事に載りました »