« 大津のいじめ事件~書類送検と児相送致~ | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

2012年12月24日 (月)

ある女性の触法ケースから~児童福祉法第28条~

ある女性の被告人の支援をする中で,彼女の生活歴上の大きな出来事として児童福祉法第28条により実子が児童施設に措置されたというのがあった.

児童福祉法第28条は次の通りです.

第28条 保護者が,その児童を虐待し,著しくその監護を怠り,その他保護者に監護させることが著しく当該児童の福祉を害する場合において,第27条第1項第3号の措置を採ることが児童の親権を行う者又は未成年後見人の意に反するときは,都道府県は,次の各号の措置を採ることができる.

1 保護者が親権を行う者又は未成年後見人であるときは,家庭裁判所の承認を得て,第27条第1項第3号の措置を採ること.
2 保護者が親権を行う者又は未成年後見人でないときは,その児童を親権を行う者又は未成年後見人に引き渡すこと.ただしその児童の親権を行う者又は未成年後見人に引き渡すことが児童の福祉のため不適当であると認めるときは,家庭裁判所の承認を得て,第27条第1項第3号の措置を採ること.

第27条第1項第3号とは

児童を小規模住居型児童養育事業を行う者若しくは里親に委託し,又は乳児院,児童養護施設,障害児入所施設,情緒障害児短期治療施設若しくは児童自立支援施設に入所させること.

要は措置ですね.

28条事件にするということは,家裁の審判を申し立てるというものの強権的な手段を事実上児童相談所が行うということになりますから,親権というものに行政が深く関与することになります.もちろん,虐待されている子どもの生命や養育にかかわることは守らねばなりませんが,親権者の権利侵害にならないということも重要です.そういう意味では運用上慎重になるべきものでしょう.

彼女の場合,客観的にみて28条事件となったのは十分納得いくのですが,肝心の彼女が納得いっていません.もっとも,彼女が施設措置に了承していたら28条にはならなかったわけです.保護者が納得できないまま28条は適用されてしまうので,そういった点ではアフターフォローを図る必要性があると感じました.

|

« 大津のいじめ事件~書類送検と児相送致~ | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/56375966

この記事へのトラックバック一覧です: ある女性の触法ケースから~児童福祉法第28条~:

« 大津のいじめ事件~書類送検と児相送致~ | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »