« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

2月26日のアスペルガー障害のある被告人への1審求刑越え判決事件控訴審判決

NHK大阪ニューステラス関西でコメントを出していた姉殺害のアスペルガー障害のある被告人への1審求刑越え判決事件の2月26日控訴審の判決です.1月29日の控訴審は傍聴していたので,棄却はないだろうと思っていましたが,やはり原判決破棄で新たに判決が言い渡されました.

結果は,1審求刑懲役16年で懲役20年だったのに対し控訴審判決では懲役14年でした.量刑についての評価は私の立場では個人的な主観になるので,ここでは差し控えます.

問題は,判決内容です.判決内容を見ると,憲法等の法令違反等は否定していますが,量刑判断において,アスペルガー障害の影響を重視していない点,受け皿がないという点については是認できないとし,反省していない点についてもアスペルガー障害の影響を認め,被告人なりの反省という点についても肯定しています.

長年の引きこも理による2次的精神障害の影響,動機の形成や殺意に至った点に与えたアスペルガー障害の影響についても指摘がありました.コミュニケーションの障害からくる歪んだ認知の形成という点にも踏み込んでいます.
歪んだ認知に至る遠因は,アスペルガー障害そのものよりも,それに気が付かれることのなかった環境にもあるといったことの指摘のようにも思えます.

また,当たり前のことですが,アスペルガー障害のあることを被告人にとって不利にすることも否定しています.

一方で,再犯可能性については,1審で鑑定医が「再犯可能性はない」と証言しているのですが,触れられていませんでした.
私も裁判員裁判で障がい像,もっとも,私は福祉の立場なので社会や生活における支障について証言することもありますが,裁判員のみならず司法にその人の障がいを理解してもらうことは難しいと感じます.特に発達障がいなどといわれている障がいによる社会的な支障は理解しづらいものがあると思います.

本件においても,こういった障がいを知るものならば,動機や行為などに本人の障がいから起因しているだろうと予想しえる部分は多々あるのですが,そういった人が関わらないと1審のようになってしまうというということが露呈したともいえましょう.

1審の段階で精神鑑定のみならず,情状鑑定としての更生支援計画やそれに基づいた証言がなされていれば,違った結果になったのではないかと思います.

さらに,もう一歩踏み込めば,責任能力に応じていて,正しく情状酌量された上での刑罰が下されることは当然かと思いますが,障がいのある人の場合は特に,ただ時が過ぎていくのではなく,更生に向けての矯正教育を主たる内容とした前向きなものにしていく事が刑事政策を考える上でも重要な気がします.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

少年法改正答申に思う

昨年9月6日に「少年法の見直し案について思うこと」を書きましたが,2月8日に少年法改正要綱の答申がありました.

以下産経MSNからです.

法制審議会は8日、罪を犯した少年に言い渡す有期刑の上限を現行の15年から20年に引き上げることなどを盛り込んだ少年法改正の要綱も答申した。

少年審判に国費で弁護士を付けることのできる「国選付添人制度」は、殺人など重大事件に限っていた対象範囲を「長期3年を超える懲役・禁錮にあたる罪」まで拡大。少年審判に検察官が立ち会う「検察官関与制度」の対象も拡大した。

原案からは変わっていません.簡単にまとめてしまうと刑事事件(逆送されて刑事裁判となった場合)の有期刑(不定期刑含む)を重罰化しました.また,少年審判で検察官が立ち会う事件の範囲を広げましたが,国選付添人すなわち弁護士が絶対的に国選として付添人として選任される事件を窃盗等の比較的罪の軽い事件にも適用するようになりました.

福祉関係の人にとって「弁護士って,必ず付くんじゃないの?」とびっくりされた方もおられるようですが,少年審判では往々にして付添人は保護者だったりします.経済的に困っておられる保護者でなくても「弁護士さんに付添人をお願いしなかったんですか?」と聞くと,キョトンとして「えっ,いいえ」という人もおられます.

さて,刑事事件についてもう少し細かく見ると

刑事事件では

少年法51条2項
犯行時18歳未満の者を無期刑をもって処断すべきとき,有期の懲役または禁錮を科す場合における刑(定期刑)については,
5年から15年の範囲内→答申)5年から20年の範囲内  で処断する.
仮釈放が可能な時期についても
「3年が経過したとき」→答申)「その刑の3分の1が経過したとき」(成人と同じ)

少年法第52条
少年に長期3年以上(30年以下)の刑で処断すべきときは,
短期5年,長期10年→答申)短期10年,長期15年  を上限とする不定期刑を言い渡す.

前にも書きましたが重罰化に当たっては,もっと55条移送(刑事裁判から少年審判への移送)を導入するべきです.
さらに,少年の刑事裁判においては,判決前調査として中立的に鑑別結果や家裁調査官の調査結果を含めて心理がされるべきであると思います.このままでは,逆送事件と少年審判事件とのギャップが広がりすぎてしまいます.

また少年の可塑性という点を考慮すると,刑事政策的にも少年や若年受刑者への処遇については今よりもさらに踏み込んで教育刑化する必要があると思いますし,女子の処遇ももっと考えられるべきかと思います.

少年審判においては,
「国選付添人制度」も「検察官関与制度」共に、重大事件に限っていた対象範囲を「長期3年を超える懲役・禁錮にあたる罪」まで拡大していますが,検察と付添人が対峙することで,少年審判が持っている修復的な司法の要素が損なわれなれてしまうのではないかという懸念がします.

国親思想に基づく少年法ですが,教育ではなく応報的な処罰に傾いていくことについてもっと論議が必要になってくるのではないかと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

全定協ホームページの千葉県地域生活定着支援センターのページに記事が掲載されました

先だって,千葉県地域生活定着支援センターと千葉県弁護士会の共催による研修会「触法障がい者の支援と弁護」に出講したことはこのブログでも書きました.産経新聞千葉県版に記事が掲載されたことも,その時に合わせて書かせてもらいました.

さてこの度は,千葉県地域生活定着支援センターから,全国地域生活定着支援センター協議会(全定協)のホームページ内の千葉県地域生活定着支援センターのページに研修会「触法障がい者の支援と弁護」の記事が掲載されたとご連絡をいただきました.

「全定協HP千葉県地域生活定着支援センターのページ」です.

写真もあって,かなり派手な感じで載せていただいています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

All Aboutのガイドになりました

このたびお誘いを受けてAll About のガイドになりました.

カテゴリーは「スキルアップ」で担当テーマは「社会福祉士試験」「精神保健福祉士試験」です.

プロフィールページのリンクは↓

原田和明 All About プロフィールページ

左サイドバーのリンク集にもあげておきます.

All About トップページ

今上げている記事は,社会福祉士試験2本,精神保健福祉士試験1本の3本です.これからもぼちぼち記事を上げていこうと思っています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

21日の死刑執行に思う

21日には死刑が執行された.自民党政権に移行して初めての執行だ.かつてのように2ヶ月ごとの執行に戻るのだろうか.

今回,死刑願望で殺傷事件を起こした元死刑囚も執行された.反省しているとも思えない.自分が死ぬために人の命を奪い,反省することもなく望み通り死んでいく.なぜか違和感を覚える.

ちなみに3名ともその事件での死者は1名だ.

ノルウェーの死者77名の殺害事件.ノルウェーの最高刑は禁錮21年だ.死刑はもちろんない.この事件でも被告人を死刑にといった世論はほとんどなかった.当時の政権与党の集会での大量殺人で,閣僚の知人友人も犠牲者に含まれていたが,勿論,閣僚からもそういった声はあがらなかった.

事件当時法相だったクヌート・ストールベルゲ氏は6月の来日講演で「事件の背景を探り,再発防止を考えることが重要だ.私たちは極刑ではなく予防と更生に力を注いでいる.死刑は犯罪を予防できるという論調は何もしなくていいという口実を与えはしないか」と語っている.

こんなにも違う.キリスト教と輪廻転生のある仏教の違いも勿論あるだろうが.

小林元死刑囚に殺害された被害者の父のコメントは印象的だ

「小林死刑囚の死刑が執行されました。これで楓が戻ってくるわけではありませんが、少しは無念を晴らしてあげられたかもしれません。

小林死刑囚が自ら犯した罪を真摯(しんし)に受け止め、刑に向き合ってくれたと信じたいです。

小林死刑囚の命も一つの命であり、今後私達は楓の命、加害者の命の重さを背負っていかなければなりません。

二度と尊い命が失われることがない社会になることを心から願います。

二度と尊い命が失われることがない社会をめざすことが大事なのだろう.

ノルウェーは加盟していないがEUの加盟条件の一つが死刑を廃止していることだ.ヨーロッパでは政治的に死刑を廃止する可能性はあっても死刑を行うことはないということだろうか.

一部報道では,参院選に向けてもっと大物の死刑志向があるのではとも言われている.政治と死刑,政治と尊い命.死刑とは重いものだと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

障がい者福祉サービス事業所での虐待

先だって福岡県で就労継続支援B型事業所で,次長という管理職で,理事長の息子で法人役員という立場の職員が,知的障がいのある利用者の頭をダーツの的代わりにして千枚通しを投げつけたという容疑で検挙されていた.

少し前には,千葉でグループホームを経営する社会福祉法人の元理事長が精神障がいのある利用者や職員に暴行した容疑で起訴されている.

なぜ,こんなことが起きるのだろう.児童養護施設でもこういうことが起きていた.恩寵園事件は有名だ.

人の生活を支える者,しかも,経営者として指導者として支援者たちの上に立つものがこんなことをする.

また,こういった事件は,内部告発によって明らかになっている.立証するために一部心ある職員たちの活躍によるものだ.

経営者,管理職として,本来は守らなければならない人とたちを虐げ,職員を雇用者という権力で押さえつける卑劣な行為だと思う.

福祉という公益の仕事において経営や管理を担う人々のこういった行為は,厳しく断罪され重い刑事罰が科せられるべきだと思う.警察官が犯罪をするのに等しい.

上のものになることによって,支配者となっていったのだろうか.確かにこれほどひどいことはしていないが,管理職になって,支配者意識が出て変わったなという人は福祉の世界で見てきた.恐ろしいのは利用者に合わせ職員という,サービスの提供者まで一緒に支配してしまうのだ,管理ではなく支配である.

障害者虐待防止法が施行されて5カ月近くがたつ.これからもっと恐ろしい事実が出てくるかもしれない.

苦情解決制度や第三者委員会など少しずつ社会福祉事業を経営する法人に対しての権利擁護の制度は進みつつある.人の人生と命を預かる社会福祉の仕事だからこそ,オンブズマン制度や弁護士による視察や意見聴取制度などでもっと透明にするべきだ.

表面上は穏やかに見える事業所でも,利用者や職員への権利侵害が行われていると私は認知している.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

刑事司法ソーシャルワークと計画相談

この4月から障がい福祉では計画相談の導入となる.今までとは違い,悉皆的なケースマネジメントを行うことになる.

介護保険では,介護支援専門員が実態的には居宅支援において悉皆的にケースマネジメントを行っている.しかし,計画相談では居住系サービスも計画に入ってくる.

計画相談はサービス利用に必須のものとなるため,障がい福祉サービスを受けるには区分認定調査と計画相談(ケースマネジメント)を受けなければならい.これから障がい福祉サービスを現在利用している人は全員計画相談を受けることになる.どの市町村も大変なことだ.実際,そういった声を行政さんからも耳にする.

刑事司法におけるソーシャルワークにおいても当然同様だ.つまりは刑事施設や少年院,鑑別所に入所中の障がい者が処分終了後障がい福祉サービスを利用するにあたっても計画相談の支援を受けることによって障がい福祉サービスの利用に至る.

こうなってくると被疑者・被告人段階から計画相談を入れていくケースが登場する.たとえば執行猶予の可能性が大きい障がい福祉サービスを利用していない被告人の場合,更生支援計画上にも被告人の居住する地域の計画支援事業所を支援者として据え,実際,更生支援計画書を参考に個別支援計画を立ててもらわなければならない.もちろんその前に認定調査も必要だ.

今までとは違って,プロセスが複雑になり時間がかかることになる.これが福祉サービスの利用が起訴猶予や不起訴の大きな要素になってしまう場合だと,取り調べの勾留期間中に一定完結する必要がある.ワーカーの負担は大きくなる.計画相談だけではカバーできないので一般相談も入らなければならなくなるだろう.

地域の相談支援が絶対的に触法障がい者支援に入っていかなければならない状況となってくる.これはいいことであるが,その負担度は高い.特に大きな都市ではケースも多くて対応が大変だと思う.

矯正施設入所者の場合もほぼ同様だ,時間は被疑者・被告人に比べるとあるのかもしれないが問題は施設の場所だ.たとえば,大阪矯正管区の場合,大阪居住の初入の人が滋賀刑に行っていたり,播州の人が奈良少刑に行っていたりと近畿管内でも散らばってしまっている.また,知的障がいや発達障がいのある少年の処遇は名古屋矯正管区である伊勢市の宮川医療少年院で行われていることが多いが,大阪方面からは面接に行くのも1日仕事だ.個別支援計画を書くのに1回の面接で済むわけもなく,この負担は大きい.もちろん交通費などの経済的負担も生じてくる.長期刑の人になるともっと遠方の刑務所に行っていたりするから対応がさらに難しくなる.

厚生労働省が法務省に働きかけて,せめても特別調整者が特別調整にかかった時点で,援護の実施者の自治体に近い施設に保護上移送するなどの対応が必要であると感じている.

もっとも矯正施設入所者で住登地がない人の多くは矯正施設所在地が援護の実施者になって計画相談もそこでかかる訳で,矯正施設所在地の相談支援事業所の負担は大変だろう.基幹相談支援事業の取り組みも重要になってくる.刑事司法対応の人材や部署を確保しなければならない自治体も出てくるのだろう.

そうなれば当然,地域生活定着支援センタとの連携システムにも変化が現れる.早く準備をしないと大変なことになると危惧している.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

生活歴と犯罪

先だって,私がかつて関わっていて,今は別の支援者が関わっている人について,今の支援者から話を聞くことができた.窃盗(万引)などの累犯の人だ.知的に障がいがある.

私が関わった時には,まったくわからなかった生活歴上のことがわかったらしい.その支援の深さには脱帽だ.

私が関わったときは,刑務所初入出所後しばらくしての犯行で,CAPASのIQ相当値が中度知的障がいの域で,お話をしていても知的の障がいがあると感じられた人だった.

刑法の規定で執行猶予は付されないため,実刑は明らかであったので,出所後どうするかという話をしていたのだが,刑務所に収監された後支援の断りの手紙が来た人だ.

今回の事件の時,拘置所であったが前向きの姿勢や,反省はなく.自身で支援を断ったことを忘れていて,支援してくれなかったと言っていた.どうも彼の言う支援とは差し入れの事であったような気もするが.

いずれにせよ,刑務所に行くたびに悪い方向に行っているようで,今は懲罰ばかりだそうだ.本来はまじめで,更生の意欲を示していたのだが...

私はそこまで調べられなかったのだが,かつては療育手帳も持っていたらしい.今,「障がい」という言葉に否定的な反応を示すのは,その頃何か嫌な思いをしたのだと思う.

いつも思うのだが,生活歴につらいエピソードが後の犯罪の遠因になっているのではという人が多い.もっとも,生活歴につらいエピソードが多くても犯罪などしないで生きている人も多いのだが,その分岐点は何だろうか.

過去にあったことを修正することは難しい.未来に向けていくのが更生することだと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

明日は神戸市民福祉大学 平成24年度障がい福祉施設中堅職員研修でお話してきます

明日は,神戸市社会福祉協議会の神戸市民福祉大学 平成24年度障がい福祉施設中堅職員研修で「触法障がい者の理解と支援について」のお話をしてきます。

どちらかというとクローズな研修で募集人員も少ないので,前もっての発表は控えていました。

この研修の主旨は,「触法障がい者の現状を理解すると共に,触法障がい者とどう関わり,どういった支援があるのか共に考える」ということになっています。

30名程度のこじんまりとした研修会なので,主旨の通り、皆さんと意見交換することで私自身も研修として学びたいと思っています。時間も2時間いただきました。

スライドは、たくさん作ったのですが、話の流れの中で、時にはフロアーを回ったりしてもいいかなっと思っています。

福祉関係者がほとんどですし,ホームの神戸ですから少し腹を割った話ができるかな.もうとっくに募集は終わっていますが一応開催要項を貼りつけますね.

「24_kobetyukenkensyu.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

平成24年度リーガルソーシャルワーク研修会が終了しました

昨日本年度のリーガルソーシャルワーク研修が終了しました.

この研修,成年後見とかではなく刑事司法に関わるソーシャルワークに限定されているので,Legal Social Workというよりは,Criminal Justice Social Work と本来表記するべきかもしれませんね.

来年からクリミナル ジャスティス ソーシャルワーク研修にしますか?わかりにくいですが(笑)

さて,昨日の研修は,前半が作家の本間 龍さんのお話でした.本間さんは詐欺罪で黒羽刑務所に服役し,用務者(指導補助)として養護工場などと称される工場で,介護の必要な高齢者や障がい者への介護等を行っていた経験を持つ方で,その体験からの著作もいくつかある方です.

自身の体験から刑務所の状況や,刑務所での高齢者や障がい者の置かれた状況,さらには,刑罰の在り方についてのお話もいただけました.

後半は,私も参加しての鼎談で,刑務所処遇の在り方や福祉が関わることの必要性などのお話をしました.

障がいがあるから,高齢だからというだけで刑罰に処さないというのは法治国家としてはあったはならぬことです.しかし,ただ単に社会から隔離するだけで矯正効果があるのかは疑問です.そういった人たちにあった矯正教育があってしかるべきですし,矯正教育としての保護処分であってもよいのではないかと思います.しかしながら,形態的には相対的応報刑とも言える日本の刑罰の現状では大きな法改正が必要とされるでしょうね.

本間さんが講演で話されていたのですが,ノルウエーは,最高刑が禁固21年で,必要な場合は延長することになっています.死刑はありません.一度このブログでも書きましたが刑務所の居住環境などの処遇は極めてよいですし,刑務官が受刑者の居室の中で座って語り合うというメンタルな面での処遇も充実しています.

ところが,再犯率は20%と少ない.重罰化は犯罪の抑止力にならないということを証明しているなと改めて思いました.

特に罪を犯した障がいのある人や支援の必要な高齢者については,そういった人たちに適した自立更生を考えていくことが必要であると思いますが,それすらまだできていないという点は福祉にたずさわっている者としてもっと言っていかなければと思いました.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

2月5日は千葉に行ってきました~「触法障がい者の弁護と支援」~

2月5日は千葉に行ってきました,千葉県地域生活定着支援センターと千葉県弁護士会の共催による研修会「触法障がい者の支援と弁護」の出講です.弁護士や福祉関係者などの大勢の方にご出席いただき光栄です.

チラシは下記の通りです.

「20130205syokuhousyougaisyanobenngotosienn.pdf」をダウンロード

大変勉強になる良い研修でした.これからの実践や研究への糧を得たような気がします.また,久しぶりにS-Planning の鈴木社長にもお会いして,出版の打診をいただき,書くことへの意欲も生まれてきました.

また,全く知らなかったのですがどうも産経新聞の地元紙に載ったようです.なぜか写真は私が写っています.

東京の小児科医 小坂和輝さんや佐賀の障がい当事者であるゴエモンさんのブログにはすでに掲載していただいているようです.

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130205/chb13020521040006-n1.htm

20130205syokuhousyougaisyanobenng_2

(産経MSN 2013.2.5 杉浦里香撮影)

他紙はわかりません,産経以外のマスコミの方とは何人か名刺交換をしましたが,もし,他に載っていたりするのを知っている方はご一報ください.どう書かれているのかがわかりません. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

1月31日岐阜新聞県域版に記事が掲載されました

1月31日岐阜新聞の朝刊県域版に記事が掲載されました.

羽島市での研修についての記事です.本日岐阜県地域生活定着支援センターから送っていただきました.

PDFファイルにしてみましたので興味のある方はご覧ください

「20130131GifushinbunKenikiban.pdf」をダウンロード

去年の2月の神戸新聞以来の写真付きです.もっとも動画は29日に流れましたが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

LB刑務所からの手紙

LB刑務所で受刑中の人から手紙が来ました.年賀状の返礼です.まだ10年ほどの刑期がある人です.障がいは大したことはありません.

移送されてすぐに手紙を1回だけ交換したのですが,以降便りがありませんでした.「しっかり務めて,主諸語は人生をやり直す」といっていた人でしたが,便りがなくなってしまったので,更生意欲が薄れてしまったのかと思っていました.

公判の時も反省の言葉述べ,泣いていました.

しかし,気になったので年賀状を送ってみたのです.

2年間余り,事故もなく務めているとのこと.「食事や寝るところにも困らず.TVやお菓子といった娯楽もあることに感謝の気持ちで一杯です.」と書いてありました.また,今英語の勉強をしていることや職業訓練を志願していることも書いてありました

この人は,まだ若い時に事件を起こして少年刑務所にいったのだが,出所後しばらくして生命犯ではないが人を傷つける大きな事件を起こし,長期刑となったのですががやっと自分を見つめ直すことができているようです.

LB刑務所だから周りには生命犯などで無期懲役や20年,30年という人がいっぱいいることかと思っています.それでも反省して,自身を高めようとしている.更生に向かうというのはこういうことをいうのではないだろうかと思います.

本当にうれしい手紙でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日は岐阜県羽島市に行ってきました

1月30日は岐阜羽島に行ってきました.岐阜県地域生活定着支援センター普及啓発研修会「障がい者が地域で社会生活を送るために」に出講するためです

大変立派な会場で多くの人に参加していただきありがとうございました.

まとまりのない基調講演になってしまい反省することしきりと,シンポジウムもうまくまとめることができず申し訳ありませんでした.

しかし,私にとってはよい勉強になりました.これからの障がい者施策における地域生活支援の課題を改めて考えさせられました.

岐阜の皆さんお世話になりました.本当にありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »