« 成年被後見人の選挙権剥奪は違憲! | トップページ | 隣市での死体遺棄事件に思う »

2013年3月24日 (日)

96歳夫,91歳妻殺人事件は医療観察に~社会内処遇を考える~

A県警によると、夫妻の自宅を訪問した女性介護士が、服に血が付いている夫(96歳)を見つけた。女性が事情を聴くと、夫は「自分で首を切った」と話し、そして、「妻(91歳)は死んでいます」と伝えたという。

 

 女性は同じ室内のベッドに横たわっていた妻が死亡しているのを確認し、連絡を受けた男性医師が110番。警察署は妻の首を絞め、包丁で首を切りつけるなどしたとして、夫を殺人容疑で逮捕した。

 

 その後の司法解剖で、妻の死因は窒息死と判明した。

 

 夫は「介護に疲れた。自分が先に死ねば寝たきりの妻が困ると思い、一緒に死のうと思った」と容疑を認めており、通報を受けた署員が自宅に駆けつけるまでの間、室内のいすに腰掛けてじっとしていたという。

 

 夫はB地検に送検されたが、高齢でもあり体調が悪化し、B地裁は一時、夫の勾留執行を停止。B地検は3月13日、不起訴処分(起訴猶予)とした。

 

 地検は処分理由について「責任能力を問うことに難があることや年齢などを考慮し、医療の手続きに委ねることにした」と説明。地裁に同日、男性の医療観察を申し立てた。

地検によると、男性は長年の妻の介護で心神耗弱状態になっていた可能性があるという(MSN産経から抜粋)

本件,犯行時心神耗弱で不起訴処分から医療観察審判という流れのようです.介護負担による精神的な疲労によっての心神耗弱はわかるのですが,それって治療反応性のある疾患なのでしょうか?もっとも,それを審判で決めるのでしょうが,状況としては,妻が死んでいることも認識しているし,容疑も認めて動機も供述していますし,対象行為を理解しています.普通ならば殺人事件ですから心神耗弱が認められていますから公判請求でしょうね.

しかし,本件の場合被疑者は極めて高齢です.記事からすると勾留執行を停止していますから,入院したのでしょうか.公判請求されると,殺人事件ですから当然裁判員裁判ですし,公判前整理手続きや鑑定留置も含めた長期間の勾留が予想されます.結果として執行猶予も予想されますが,それまでの期間が長いのと,殺人罪ですから最低刑は懲役5年,つまりは情状酌量で2年も刑を下げないと執行猶予は付きませんから,絶対執行猶予というわけにはいきません.

また,公判請求された場合,執行猶予が付されることを予定しての支援の組み立てが必要になってきましょうし,もし39条減刑だとすれば,医療観察審判にということになります.

医療観察の本旨からすれば,おかしいと思うのですが,殺人事件で不起訴ということなればこういう理由づけしかなかったのかもとも思えます.実際に勾留には高齢で耐えられない方でしょうし,このまま刑事施設で対応するよりは,医療対応としての医療観察へということなのでしょうか?

問題は医療観察でどういった処分が下りるにしても,この方の支援をどうしていくかということでしょう.地域福祉の問題かと思います.社会復帰調整官やその地域の支援がどういった処分となったとしても,支援できる体制を構築しなければならないかと思っています.もちろん,不処分になったとしても同様です.

障がいのある人も含めて,こういったようなケースの場合,保安処分ではない居住型サービスに近い形での対応など,福祉的な社会内処遇が必要かと思います.ちなみにあくまでも福祉的な対応で福祉に司法の下請けをさせるものであってはいけません.

|

« 成年被後見人の選挙権剥奪は違憲! | トップページ | 隣市での死体遺棄事件に思う »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/57023138

この記事へのトラックバック一覧です: 96歳夫,91歳妻殺人事件は医療観察に~社会内処遇を考える~:

« 成年被後見人の選挙権剥奪は違憲! | トップページ | 隣市での死体遺棄事件に思う »