« 96歳夫,91歳妻殺人事件は医療観察に~社会内処遇を考える~ | トップページ | 意見書を書いた人の裁判を傍聴しました »

2013年4月 5日 (金)

隣市での死体遺棄事件に思う

私の住む西宮市の隣市で住宅内でミイラ化した遺体が見つかるという事件があった.

通報してきたのは,遺体の娘である少女とのこと.「2年ほど前に父親が死んでいるのを見た.届けは出していない.」というようなものであった.

その後,行方不明者の届を警察に出していた妻,成人している長男が死体遺棄の疑いで逮捕されている.

この通報した少女は15歳,他にも8歳と4歳の娘がいるらしい.

事件については,その後報道もあまりないので何も書けないが,心配なのはこの子どもたちだ.

まずは当面の生活だ,母親が逮捕されていて,親族とかが助けていればいいのだけれど,そうでなければ,児相の一時保護から長引けば児童養護施設に措置が考えられる.

たとえ生活はそれでできるとしても心の傷はどうなのだろうか?まだ,被疑者段階なので決めつけることはできないが,まずは,自分の母親と兄が死んだ父親の遺体を自宅内に保管しミイラ化させてしまったことは,4歳の娘にはわかりにくくても,8歳の娘には理解できる,いや,理解してしまうものなのではないだろうか?通報してきた長女は,その時どういう気持ちだったのだろうか?そして今,子どもたちはどんな気持ちなのだろう.

この経験は成長しても消えることがないと思う.

死体遺棄は犯罪であることは間違いない.しかし,大人である母と兄が子どもたちに背負わせたものは,もっと重いものであると思う.

この子どもたちの行く末を案じると共に,乗り越えて立派に成長してほしい.

|

« 96歳夫,91歳妻殺人事件は医療観察に~社会内処遇を考える~ | トップページ | 意見書を書いた人の裁判を傍聴しました »

ニュース」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/57109227

この記事へのトラックバック一覧です: 隣市での死体遺棄事件に思う:

« 96歳夫,91歳妻殺人事件は医療観察に~社会内処遇を考える~ | トップページ | 意見書を書いた人の裁判を傍聴しました »