« 6月の講演について~ご報告・御礼を忘れていました~ | トップページ | 守秘義務について »

2013年8月 9日 (金)

久しぶりに証人出廷した裁判員裁判の判決がありました

7月に久しぶりに裁判員裁判に証人出廷してきました.精神に障がいのある女性の起こした事件です.

39条の適用を争ってはいませんでしたが,多分に精神障がいの影響による事件でした.被害者は実子で,初めての一人での子育てに行き詰ったというものですが,子育てに行き詰ってしまったこと自体が精神障がいの影響と言える事件です.子への愛情は,十分感じられました.

更生支援計画は添付資料として提出し,久しぶりに結構長時間の尋問でしたが頑張りました.気になったのが,検察側から入院などといった医療モデルでの拘束措置の必要性や更生支援計画に子育てについてが具体的に盛り込まれていないなどの指摘がありましたが,正直,もう少し福祉を知ってほしいと思いました.

尋問の中でも,刑罰を軽くするためではなく被告人の自立更生のための更生支援計画であると述べているのですから,本人が自立するために必要なことを更生支援計画では述べるべきです.ましてや必要なき入院といった懲罰的な拘束を加えることは考えられませんし,子育ての問題は,子どもと共に暮らす時期を考えると,本人が自立してからもっともっと後のことですから,更生支援計画に載せることは不適当です.

医療モデルの視点と,生活モデルの視点とで明確に考えが違うというところでしょうか.刑罰を減軽するためではない姿勢が理解してもらえないのかなぁーとも思いました.弁護側の証人ですから,もっともなのかもしれませんが...

さて,先だって判決がありました.結果は,求刑懲役5年のところ懲役4年でした.執行猶予を想定していて準備もしていたのですが,そうはなりませんでした.関係者ががっかりしたのは否めません.

本人の障がいの影響については,情状として酌量されていましたが,結果の重大性に重きをおいた判決でした.最近の刑事裁判は,結果の重大性に重きをおきます.

まだ,確定はしていません.来週,面会に行ってこようかと思います.

|

« 6月の講演について~ご報告・御礼を忘れていました~ | トップページ | 守秘義務について »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/57956139

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに証人出廷した裁判員裁判の判決がありました:

« 6月の講演について~ご報告・御礼を忘れていました~ | トップページ | 守秘義務について »