« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月26日 (木)

入口支援について〜被疑者・被告人段階の支援

私が触法障がい者の支援を始めてから10年が経過した.

私は入口支援はソーシャルワーク,つまりはフォレンジック・ソーシャルワークであると考えている.つまりは,判決前調査に該当する,医療観察法の審判における社会復帰調整官の生活環境調査報告や少年審判における家庭裁判所調査官の調査といった部分とかなり共通する面がある.

フォレンジック・ソーシャルワークは,本来中立的な立場で,クライエントにとって有利なことも不利なことも全てアセスメントを行い,把握したニーズ解決を図ることによる,その自立更生の計画を提示するものであると考えている.

従って,「まずは施設入所ありきとか」「刑罰よりも福祉」を前提とするべきであるとは思わない.現在の日本が,障がいのある方にふさわしい刑事政策が行われているかについてはノーであるが,だからといって「刑罰よりも福祉」ではないと思う.

居住型サービス利用を提示してダイバージョンを図るという方法論も確かにある.福祉側が主体となって,ニーズアセスメントの結果,その方が自立更生にふさわしいというのであれば納得がいく.しかし,司法側,特に検察側から入所施設に入所するならば,不起訴にするがそれ以外の方法では起訴するなどと言われたから,ニーズ解決にならない入所施設利用に導くのは人権上問題があるし,そもそもそれは福祉を司法の下請化しているに他ならない.

「この人のニーズを解決するのには,本人の望まない福祉施設入所させるわけにはいきません.そもそも契約なので,本人も契約しないでしょうし,施設側も利用したくない人と契約するのは無理です.どうぞ起訴して下さい」と言ってでも,福祉を司法の下請化するのは,避けるべきである.福祉施設は矯正施設ではない.生活の場面なのだ.

ということを考えると,やはり,入口支援はソーシャルワークであり.ソーシャルワーカーが個別的な支援としてソーシャルワーク技術を使って行うべきものであると思う.その人の更生支援のあり方を審議する合議体の存在を否定はしないが,基本はソーシャルワーカーが行うソーシャルワークを優先するべきもので,その体制が整備されていれば,特段合議体の存在は必要ないのではないと思えてしまうのである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

16日は研修会出講の前に笠松刑務所に行ってきました

16日は,岐阜県地域生活定着支援センター普及啓発研修会に出講しましたが,午前は,笠松刑務所に裁判支援をした人に面会に行きました.

岐阜県地域生活定着支援センターの皆さんに送り迎えをしていただいて,とても寒い日でしたので助かりました.

笠松刑では分類の職員の皆様に事情をお伝えすることができ,大変よかったと思います.

ただ,出所時支援は久しぶりでしたが,知人面会の垣根が高くなり,更生に資する者でもかなり面会のハードルが高くなったと感じました.原則,身元引受人でないと,難しいようです.

ただ,職員の皆さんとの話の中では,刑務所もいろいろとご苦労されている様子でした.中でも高齢化は深刻なようで,やっぱり,刑務所に特別養護老人ホームを作り,受刑者の職業訓練や機能の地域への開放などをやってみたらどうかと思いました.女子刑によくある美容室の福祉版みたいなもんですね.

笠松刑の皆様に感謝です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

12月16日は岐阜県地域生活定着支援センター普及啓発研修会に出講してきました

12月16日月曜日は,岐阜県地域生活定着支援センター普及啓発研修会に出講してきました.本研修会には2年連続の出講となります.

事例を使ったお話をさせていただきましたが,こういったパターンでのお話は初めてです.触法障がい者のケースも含む,家族支援を行った障がいのある一家のケースについて取り上げました.

事例を取り扱うと,守秘のため事例の加工や資料の回収等気を使うことも多いのですが,特に福祉関係者には興味をひいていただけたのではないかと思っています.

当日は120名程の参加があり,地元紙やテレビの取材も来ていました.ニュース映像などは見れていないのですが(見ない方がいいのですが)毎日新聞の岐阜版の記事については,ネットにも上がっていましたので,そのURLを添付しておきます.ただ,会員登録しないと見れないかもしれません.
http://mainichi.jp/area/gifu/news/m20131217ddlk21040283000c.html
岐阜県の障害福祉課長さんや岐阜保護観察所長さんにもご挨拶させていただくことが出来ました.

参加していただいた皆さん,所長をはじめ,岐阜県地域生活定着支援センターの皆様方に感謝です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

11月と12月には,国立のぞみの園の「福祉のサービスを必要とする罪を犯した知的障害者等の地域生活支援を行う施設職員等研修会」がありました.

バタバタしていて更新がままなりません.

さて,11月27日からの3日間は前橋で12月11日からの3日間は新大阪で国立のぞみの園主催の「福祉のサービスを必要とする罪を犯した知的障害者等の地域生活支援を行う施設職員等研修会〈中央研修会〉」がありました.


国立のぞみの園のこの研修会に研究委員として出講させていただいて,もう3年目になります.国立のぞみの園の研究委員は,早くも4年目になりました.

今年は,初めて両研修会とも4日間連続の参加となりました.両研修会共定員をを超える参加があり,触法障がい者支援に対する関係者らの関心の高さを再認識しました.毎年,保護や矯正からの参加者も多く,また,地域生活定着支援センターからの参加者も非常に多くなってきています.

今後は,現任者研修的なものも必要であると痛感させられました.ちなみに,原田個人は,こういった研修も啓発活動の一環と捉えています.原田個人の出前研修も大きいものから小さいものまで出来る限り対応していきたいと思っています.

のぞみの園の皆さん方,そして,研修に出席していただけました皆さん方に感謝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »