« 兵庫県介護支援専門員専門研修Ⅰ・更新研修Aに今年も出講しました | トップページ | 脱法ハーブついて »

2014年6月18日 (水)

児童虐待と性犯罪加害

ある性犯罪者と関わった.累犯者だが性犯罪は2度目しかも連続だ.前刑出所後すぐの犯行である.それ以前の犯罪は,有機溶剤に関わる犯罪がほとんどだ.

なぜ,堰が切れたように性犯罪なのか.

この人は,性犯罪者によくあるような性行為依存とか,異常性欲とかそういった類いではない.会ってみて違和感があった.

なぜこうなったか,子どもの頃の虐待,大人からの虐待加害ではなく,児童養護施設内での異性の年上児童からの継続的な性的な虐待加害の影響である.異性,つまり男性が女性に加害される.子どもにとって凄まじい体験だろうと思う.この虐待加害者は,どんな生活をしているのだろうか.本人にとって語りたくなかった忌まわしい過去,今までの刑事事件で本人が語ることができなかった事実.

家庭に恵まれなかったこの人は,有機溶剤乱用から,なぜか大人になって有機溶剤使用後に解離したような状態で性犯罪をするようになった.

たとえ,被虐待が情状酌量されても,この人は比較的長期刑になるだろう,それは被害者の心情などを考えても当然なことだ.更生支援計画としても,釈放後の更生保護が中心となった.しかし,ただ受刑しただけではだめだ,たとえ矯正教育で性犯罪者処遇プログラムを受けてもあまり意味がないと思う.それは,一般的な性犯罪とはちがうからだ.受刑中からの心理学的なアプローチが必要というのは,私も対応してもらった臨床心理士も同じ意見だ.薬物事犯だけに限らず,こういった性犯罪や生命犯であっても,トリートメントを行なう治療的な司法の視点が必要である場合も多い.

だが,いつかは社会復帰する.本当の解決は,子どもの頃の虐待被害によるトラウマからの脱却にある.勿論,有機溶剤の依存からの回復も重要である.

受刑期間が,問題の先送りをしただけにするのはいけない.被害者がもう出ないようにすることが社会防衛としても重要だし,そうしないとこの人も助からない.この人は「一生刑務所か死刑」を望んでいるが,この罪状では有期刑は間違いない.生き直しをはかってほしいものである.
当然ながら,本件や前件での被害者の心情を考えるといたたまれないものがある.しかしながら,社会復帰後再犯をしてしまい報道されたりすると,さらにこの被害者の人たちに辛い記憶を蘇らせる.そういった意味でも再犯防止は重要だ.

死刑以外の刑罰には社会復帰があるのだから.無期懲役であっても仮釈放を目指している.従って,死刑以外の刑罰には,更生保護のアプローチが重要であると思う

|

« 兵庫県介護支援専門員専門研修Ⅰ・更新研修Aに今年も出講しました | トップページ | 脱法ハーブついて »

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/59831249

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待と性犯罪加害:

« 兵庫県介護支援専門員専門研修Ⅰ・更新研修Aに今年も出講しました | トップページ | 脱法ハーブついて »