« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

川口市祖父母強盗殺人事件に思う〜フォレンジック・ソーシャルワークの視点で〜

川口祖父母殺害 18歳孫に懲役15年/さいたま地裁

             
      

 川口市のアパートで3月、祖父母を殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人と窃盗の罪に問われた孫の少年(18)の裁判員裁判の判決公判が25日、さいたま地裁であり、栗原正史裁判長は懲役15年(求刑・無期懲役)を言い渡した。

      

 判決で栗原裁判長は、少年が祖父に借金を断られ、祖父母を殺害した犯行について「強い殺意を持って、落ち度もない2人を殺害して金品を奪った」と指摘した。

      

 弁護側は少年が母親から殺害を指示され犯行に及んだと主張し、少年院送致の保護処分を求めたが、栗原裁判長は「借金を確実にさせ るための追い込みの言葉にすぎなかった。母親の供述にはうそはあるものの、強盗殺人を指示していないという点で信用できる」とし、母親の殺害への関与を否 定した。

      

 一方で量刑について、少年の成育環境が犯行に影響したと強調。「(少年は)母親の極めて不適切な養育で不遇な生活を強いられた。 母親に逆らわない性格傾向となり、『殺してでも』などという言葉で、母親に祖父母からの借金を執拗(しつよう)に迫られ、追い詰められた」と述べた。

      

 判決などによると、少年は3月26日、川口市西川口のアパートで、祖父の無職小沢正明さん=当時(73)=と妻千枝子さん=同 (77)=の背中を包丁で刺すなどして殺害。室内から現金8万円とキャッシュカードなどを奪い、市内の現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したなど とされる。

      

 強盗と窃盗罪に問われた母親は9月、さいたま地裁で懲役4年6月を言い渡され、刑が確定している。(埼玉新聞)

無期懲役求刑から懲役15年判決,2名の親族強殺では少年といえども情状が斟酌された結果であろう.

しかしながら,私はこの事件を見て日本の刑事司法における教育的かつ治療的な部分の物足りなさを感じた.本人の受けた虐待など過酷な生活環境,18歳という可塑性のある少年,様々なことを考えると,応報的な刑罰で更生が図られるのか疑問である.そもそも子どもの生活環境を整えるのは大人の義務,社会の義務でもある.故意ではないにせよ,彼の生存権を保証するチャンスを見過ごした,大人と社会の責任は大きいと思う.

この裁判は判決前調査,フォレンジック・ソーシャルワークの必要性を露呈させた事件だとも思う.被告人の責任能力には争いがないようであったし,障がいがあるとの鑑定結果もない中で,生活環境についての調査と処分終了後の更生のあり方についても審議する必要性があるのではないか?

障がいのある人,とりわけ知的障がいや発達障がいのある人の入口支援がクローズアップされているが,本来の更生支援やフォレンジック・ソーシャルワークは福祉的に考えると,支援の必要な人すべてに関わることであり,高齢者,ホームレス等低所得者,少年など支援を要するすべての人を対象としているのであると思う.

兎角,障がいのある被疑者・被告人など限定的になっている今の入口支援であるが,そうではなく,対象者を広げていくひつようがあろう,ジェネリックなフォレンジック・ソーシャルワークが必要なのであると思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

記事が前後しますが,12月4日,5日は山梨の石和温泉での全定協関東,甲信越ブロック研修会に出講いたしました

12月4日,5日は全国地域生活定着支援センター協議会関東,甲信越ブロックの研修会に出講させていただきました.

石和温泉は初めて行きました.5日は午後開始で私とのぞみの園のKさんが出講し,それぞれ原田が前半,Kさんが後半と講義をさせていただきました.私は入口支援のお話を事例なども交えながらさせていただきました.
その後の懇親会では,美味しい料理と何といっても1升瓶に入ったワインが沢山差し入れされていてありがたい限りでした.温泉にもつかり久しぶりにちょっとゆったりできました.
翌朝も朝食前に温泉に入り,少しゆっくりさせていただいてから会場へ,午前いっぱいの事例検討に僭越ながら助言者としてお話をさせていただきました.なかなか重たいケースがいっぱいあって皆さん方のご苦労を垣間見た思いがしました.
帰りは,時間があったのでホテルの近所のワイン工場の試飲場に寄ってワインを購入し,昼食後土産物屋をのぞいたり,足湯に入ってから帰途につきました.
行きも帰りも,新幹線で新大阪〜名古屋,特急しなので名古屋〜塩尻,特急あずさで塩尻〜甲府と乗り鉄の私も大満足でした.
お世話になった,全国地域生活定着支援センター協議会関東,甲信越ブロックの皆様本当にありがとうございました.

Sinano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

12月13日は非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会に出講してきました

12月13日(土)は東京の八重洲で国立のぞみの園主催の非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向研修会に出講してきました.

つまりはひとつの分科会を持たせてもらったというわけです.私の持たせてもらった分科会は「地域で支えるということ」です.1時間ばかし地域での支援について中央研修会の復習としてお話しさせていただきました.

特に入口支援については,ソーシャルワークとしてワーカーがクライエントと向き合うことで,自己決定を導き出し,クライエント自身が解決を図っていくことの重要性をお話ししました.決して有識者集団で決めた支援を本人に提示し,さらに更生支援計画として裁判に提出するのは,クライエント中心主義や自己決定の原則といったソーシャルワークの理念に背くものだと思うことも伝えさせていただきましたが,うまく伝わったでしょうか?

午後からはケース検討をワークショップ形式でやりました.参加者から事例をいっぱいいただきましたが,すべての事例を検討することはできませんでした.1日では厳しいな.

しかしながら,地域で触法障がい者の支援に多くの心ある人々が奔走しておられるのが分かり心強くなりました.どんな人も支援する姿勢が福祉関係者には求められているのだということを再認識しました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

10月28日は春日井市教員組合主催の第2回力量UPセミナーに出講しました

「発達障がいのある児童・生徒との関わり方」というテーマで小中学校の教員の皆様方にお話をしてきました.
質問も時間を少し超過するくらい,たくさんいただき大変充実した研修会になり勉強になりました.
ブログに記事を掲載していただきましたのでリンクを貼っておきます.

春日井市教員組合のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国地方弁護士会大会のシンポジウムの記事が山陽新聞に掲載されました

岡山で行われた中国地方弁護士大会のシンポジウムで少しお話をさせていただきました.内容はフォレンジック・ソーシャルワークについての報告です.参加者の人数の多さに少し圧倒されましたが,岡山のソーシャルワーカーさんや旧知の弁護士さんともゆっくりお話ができてよかったです.

なお,山陽新聞に記事が掲載されましたので添付します.

Sanyosinbun141011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月は忙しくて記事が書けませんでした〜10月11月活動報告〜

11月は忙しくて記事が書けませんでした.週5コマの授業と合間をぬっての通信課程の実習巡回とバタバタします.

10月も結構忙しくバタバタしましたので,活動のご報告ができていませんでした.

10月は,10日 中国地方弁護士会の大会シンポジウムシンポジスト,18〜17日 日本犯罪社会学会(研究報告をしました) 22日は社会福祉法人 高津学園の法人職員研修に出講 28日は春日井市教職員組合の研修に出講しました.
中国地方弁護士会の大会と春日井市教職員組合の研修については,また別の記事を書きますね.
11月は,出講は県社会福祉士会の専門研修だけでしたが,相変わらず授業や巡回でバタバタとしていました.国試対策講座もはじまり,休日に学校へ行くことも多く,月曜校時で同じ授業が続くなど結構厳しい11月でした.11月26日で年内授業は終了し,12月になって少し余裕が出てきました.

今年のラスト1ヶ月頑張ろうと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »