« 障害者差別解消法と刑事政策 | トップページ | 第3回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会を開催します »

2017年3月28日 (火)

第2回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会を開催します

大阪市内で,下記研究会を行います.5月以降は,原則大阪市内で第2水曜日を開催日として行う予定です.

私たちは発達障害をもつ人が触法行為により逮捕されたり、犯罪被害に遭った場合、初動段階から刑事司法の手続に福祉が介入し、専門家等と組織的に更生支援、被害者支援を行うことを予定しています。

この研究会は初動段階からの刑事司法の手続きに福祉を早期介入させることの必要性やその手順について本事業を担う担当者や協力者等が中心になり有事に備え十分に研究し、また本研究会を一般公開することで触法障害者への早期危機介入の必要性をひろく普及させていくことを目指しています。

第2回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会

主催  特定非営利活動法人 D-SUPPORT INNOVATIO

日時 平成29年4月19日水曜日

   19:00~21:00

場所 大阪市北区扇町2丁目1番27号大阪市立北区民センター第5会議室

どなたでも参加できます.

詳細及びお申込みは下記の、特定非営利活動法人 D-SUPPORT INNOVATIO のホームペページをご覧ください。

http://www.support-innovation.org/blank-4

|

« 障害者差別解消法と刑事政策 | トップページ | 第3回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会を開催します »

フォレンジック・ソーシャルワーク」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181558/65077574

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会を開催します:

« 障害者差別解消法と刑事政策 | トップページ | 第3回触法行為等で生きづらさがある発達障がい者等の支援を考える会を開催します »