« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月22日 (日)

大阪府北部地震に思う

先月,大阪で大きな地震が起きた。遅くなったがそのことについて書きたいと思う。

私は,箕面市の職場で地震に遭った。兵庫県南東部地震は西宮市内で体験しているので,人生で2回も大地震を経験したことになる。しかも2回とも障がい福祉の従事者としてである。
兵庫県南東部地震の頃は携帯電話がまだあまり普及していない頃であった。その後携帯電話普及し,こういった災害時の連絡には便利だろうと思っていた。しかし,今回の地震では,携帯も有線も電話がなかなか繋がらなかった。地震の起きたタイミング的に,通勤途上の職員が交通機関の停止の影響を受けて出勤できなくなっていると思われたが,連絡を取るのが難しかった。職場内の公衆電話で連絡が取れた場合もあったが,それも安定しているわけではなかった。
今回の地震は1階の相談支援の事務所にいたときに遭った。兵庫県南東部地震に比べ,揺れが弱く時間が短かったため倒壊などはないと感じた。しかし,すぐに2階3階のグループホームへ安全確認に行った。テーブルの下に入っている利用者もいたものの,パニックになる利用者もほとんどなく無事であった。

初め起きた停電はすぐに復旧し,エレベーターは止まったままであったが,出勤できた職員を急遽差配して生活介護の送迎に回り,電話が通じないグループホームなどは直接安否を確認した。近くに住んでいる職員や,動いていたバスで出勤した職員がいたため,少し遅れ気味ではあったがほぼ通常どおり生活介護は開所した。相談支援では1人住まいや障がい者だけの世帯など要支援世帯を中心に訪問などで安否を確認した。

震源に一番近い私の事業所は開所したが,同じ法人でも大阪市の事業所は職員が出勤できず閉所した。私も地下鉄御堂筋線が止まっていて,また,他の電車も止まっていたので帰宅できるかどうか心配であった。事業所で泊まることも覚悟したが,幸いバスと阪急宝塚線で迂回して帰宅することができた。

もし東南海地震が起きたら,この程度では済まない事が予想されている。兵庫県南東部地震の経験は,あまり思い出したくない経験だが,今回の地震で活きた。我々は,支援が必要な人たちを災害から守ることを常に考えていかなければならないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

8月25日は岐阜で岐阜羽島ボランティア協会主催「地域まるごと共生社会 Vol.3」に出講します

岐阜では今まで2回ほどお話させていただきましたが,この度,久しぶりにお話をさせていただきます。

「地域まるごと共生社会 Vol.3」
主催:岐阜羽島ボランティア協会

日 時:8月25日(土) 13:30〜16:30(受付13:00から)
場 所:不二羽島文化センター 401
    羽島市竹鼻町丸の内6−7
申込みお問い合わせ先
岐阜羽島ボランティア協会事務局 岐阜県羽島市竹鼻町狐穴719-1
Tel(058)393-0751 Fax(058)393-1218 
Email info@volavola.org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月5日は千葉県地域生活定着支援センター研修に出講します

8月5日は千葉県地域生活定着支援センター研修に出講します。千葉でお話しさせて頂くのは久しぶりです。私の思うところの刑事司法ソーシャルワーク,つまりは,本来あるべき刑事司法ソーシャルワーク実践の在り方をお話しさせて頂ければと思っています。

新しい出会いを期待して,千葉に行きたいと思っています。
日 時:8月5日(日) 14:00〜16:30 (受付13:30から)
場 所:千葉市文化センター9階会議室
           千葉市中央区中央2−5−2
講 演:「刑事司法ソーシャルワークを考える」
         講師   原田和明
          (社福)  大阪手をつなぐ育成会  支援センターい〜な 相談支援室長・グーテン 所長
         権利擁護&司法ソーシャルワーク研究所 代表
問合せ:NPO法人生活サポート千葉  千葉県地域生活定着支援センター
           TEL 043-224-5721 FAX 043-224-5720
           E-mail c-teichaku@sschiba.jp
チラシDL  「chibateichakukennsyuu30.pdf」をダウンロード
Photo
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »