« 司法ソーシャルワーク研究所 研究集会 シンポジウム「依存症と刑事裁判」 | トップページ | 新年のご挨拶と事務所新設のお知らせ »

2022年9月 3日 (土)

8月26日の読売新聞夕刊に記事が掲載されました

8月26日の読売新聞夕刊に記事が掲載されました。知り合いがいっぱい載っています。

見出しに「量刑考慮」と出ていますが,更生支援計画は量刑に影響を与えることは目的ではありません。あくまでも,社会復帰について本人の自己決定を基に作成するものです。刑罰の軽減は目的としていません。量刑を判断するのは裁判所です。本来は中立的立場で証拠提出するべきものですが,日本の対審構造上仕方なく弁護側から出していると私は認識しています。

220826

| |

« 司法ソーシャルワーク研究所 研究集会 シンポジウム「依存症と刑事裁判」 | トップページ | 新年のご挨拶と事務所新設のお知らせ »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

司法福祉」カテゴリの記事

更生保護」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

フォレンジック・ソーシャルワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 司法ソーシャルワーク研究所 研究集会 シンポジウム「依存症と刑事裁判」 | トップページ | 新年のご挨拶と事務所新設のお知らせ »