ニュース

2016年8月14日 (日)

相模原市障がい者施設刺殺事件に思うこと②

この事件による問題は,障がい者福祉全体だけではなく社会に波及していることは間違いない.特に権利擁護という視点での問題が大きく露呈したともいえる.

まずは,被害者である知的障がいのある人,特に重い身体障がいを伴った重度心身障がい者といわれる人への人権である.報道によると加害者は,優生思想に基づき,重い障がい者は何も生み出さず,税金を浪費し社会にとって害があるとして犯行に及んでいる.もちろんそれは許されることではないし,客観的に全く間違っている.しかし,日本には根底的な優生思想が強い.障がいのある人を蔑むという考え方が底辺で残っているのは実情であり.ネット上の反応を見ても,この加害者に同情的な発言やその思想に同調する発言が多く見られている.

福祉の現場でも,障がいのある人を下に見ている職員が多く見受けられる.障がい者に寄り添えない,共に生きられない職員という言い方のほうがしっくりとくるかも知れない.できない奴にしてやっているという職員というべきか.この加害者もきっとそうだったんだろう.そういう意味では,この加害者だけが,極めて特殊と言えるのだろうかとも思う.現場での職員の権利擁護観がどうなっているのかは,福祉現場では確認していかねばならない.

次に精神障がいのある人に対するバッシングである.そもそも,障がい福祉は一枚岩ではない.特に障害者自立支援法以前は,障がい者関係団体の対立なども多かった.障がい種別間,施設組織と当時者組織などの対立である.互いの障がいを理解できないということが,しばしば見受けられていた.これは,障がい者組織を一枚岩にさせないという,政策的な部分もあったのだろう.長らくその時代が続いたため,今でもそれは残っている.特に精神障がいのある人については,戦前には非人権的,そして今もなお差別が続いているのは言うまでも無く,社会では偏見が強く残っている.何か事件が起こると,報道しなくてもいいのに警察発表通り「精神科に通院していた」と載せられる.その病名は関係なく精神障がいが一人歩きするのだ.精神障がいに対して他の障がい種別の福祉関係者が無理解であるがゆえ,今度の事件で偏見を強くするということも起きるだろう.

この加害者がこの事件の前,措置入院していたということで,措置入院の見直しをするという話が出て,検討会の設置までされるという.一般の市民にとっては,政府はすぐに動いたと思うのだろうが,とんでもない話である.池田小学校事件の際も,加害者が直前まで措置入院していたことで,精神障がいのある人の犯罪が取り上げられ,保安処分としての要素の強い医療観察制度ができた.これは司法手続きなので裁判所によって審判がなされる.鑑定入院や社会復帰調整官や参与員の調査や関与といった,判決前調査もなされる.あるいみ,社会モデルが導入されている.しかし,措置入院で一定司法が関与し予防拘禁的に入院となると,全く話が違ってくる.また,症状がなくなれば人権的にも措置解除するのも当たり前だし,症状がない人をもしものことがあったらと予防拘禁することはできない.それこそ,ナチスの行ったT4作戦のようなもので,この加害者の思想を肯定するようなものである.

そもそも,起訴もされていない段階で,精神障がいを要因にあげるかのごとく措置入院の見直しを持ち出すのはどうなのかと思う.まだ,真実は分からない.池田小学校事件の時も加害者は措置入院は詐病であったことが分かったが,医療観察制度はできた.あの時の精神障がい者とその家族の苦しみがまた再現されることにならないのだろうか.前出したように,この国では障がいのある人への偏見が強い.今回,知的障がいのある人が被害者であり,加害者が措置入院の経験があるので精神障がいのある人が知的障がいのある人を殺害したという構図になっているが,かつて,レッサーパンダ事件や東金事件,近くは佐世保市高1女子同級生殺害事件など知的障がいや発達障がいのある人の事件が起きたときはどうだったろうか,ちなみに,東金事件の際などは,特に中軽度の知的障がいのある人の家族から,近所でどう見られているのか不安,隠れるようにして外へ送り出している.などの,発言を直接聞いた.下手をすると,治療反応性の乏しい人まで措置入院という名の予防拘禁をされてしまうのではないかと危惧してしまうのである.従って,これは,精神障がいのある人だけの問題ではない.

次に,被害者や被害者遺族に対する偏見だ.これは,被害者に障がいがなくても日本には存在している.一部には被害者の名前を出さないことを批判する声がある.名前を伏せておきたいという遺族に対して,障がい者差別や偏見と立ち向かうためにも公表するべきだという声がある.また,怪我をした被害者家族はメディアに出た方もいる.

しかし,この国には被害者の非を責めたり中傷する人が多い.住所や電話番号を突きとめて直接嫌がらせをしてくる例が後を絶たない.今回の被害者は確かに本人の非を責められない重い障がいのある人たちである.しかし,家族に対してどういう非難をするかは容易に想像がつく,「施設になぜ入れていたのか,邪魔だったのだろう」「死んで良かったと思っているのだろう」「これから施設を訴えてもうけようと思ってるのだろう」などなど,実際,犯罪被害者家族が受けたこういった中傷被害を事件が解決してかなりたってから語っている例がある.事件からかなりたっても中傷はある.それらから守れると言い切れるのなら名前を出せと言えるだろうが,そういう担保もせず名前を出せといえるのだろうか?すでに,加害者に賛同する声が出ているのだ.障がいのある人を排除するべきという思想をもった人々による,中傷というテロ被害から遺族を守れるのかということである.

ちなみに,このヘイトクライム予備集団のような人たちが,再び同じような犯罪を企てないとも限らない.福祉施設は監獄でも閉鎖病棟でもない.外からの侵入を完璧に防げないし,閉鎖的な場所にしてはいけない.不十分な福祉教育を充実させ,偏見のない社会にしていくことの方が,措置入院の強化とか警備の強化よりも長期的に見て必要なのだと思う.



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

相模原市障がい者施設刺殺事件に思うこと①

この事件についてブログに書かなければならないと思いながら,この事件のあまりの重さに今まで書くことができませんでした.事件直後から,報道を通じずっとこの事件を見つめてきました.障がい福祉関係者として,刑事司法福祉関係者として,非常に重いものを感じています.

まず,加害者が本年2月まで現場の施設に正規職員として勤務し,本来障がいのある人の理解者,代弁者,支援者であるところが,障がいのある人の命を奪ってしまうことが社会のためにも良いというような発想を持ってしまったことに衝撃を受けました.

これは,かつてナチスドイツが行った優生思想に基づくT4作戦とT4作戦中止後行われた野戦化した安楽死政策と同じ思想です.障がい福祉に携わったものが,このような思想を持ったことにショックを受けたと同時に,今も障がい福祉関係者に,同じような考え方の人がいるのではないかという疑念が生じました.

また,もう一つショックなことは,障がい福祉に関わり合いのない,一般の人の一部から,加害者の行為に賛同し,賞賛する声がネットに巻き起こったことです.障がい者への理解が乏しいのは我が国の福祉教育のあり方からして,ある意味仕方がないことかもしれません.しかし,生命を軽視し,遺族や障がい福祉関係者を苦しめる発言を簡単にしてしまう人々が,こんなにもいることがとても情けなく悲しく思えました.

まずは,物言えぬ人,抵抗できない人,殺される理由がない人が命を奪われたり,傷つけられたりしたことが問題であることはいうまでもありません.かつて糸賀一雄氏は重い知的障害のある子どもたちについて「この子らに世の光を」ではなく「この子らを世の光に」とおっしゃいました.生きていて意味のない命や,社会に対してマイナスになる命などないのです.

そういう意味では,この加害者の命もそうなんだと思います.

まだまだ,書きたいことはありますが,ひとまずはここまで.



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

政見放送と障害者差別解消法

今回の参議院選挙では,政見放送での手話や字幕をつけることが見送られた.

日本は障害者権利条約を批准し,28年4月からは障がい者差別解消法も施行されている.障害者差別解消法では合理的配慮の提供が明記されている.

しかし,この政見放送の対応は何だろうか?どう考えても合理的配慮がなされていない.そもそも,北欧などでは,聴覚障がいや視覚障がいのある人のみならず,知的障がいのある人に対しても理解しやすい政見伝達がなされているのだ.

あまりにも矛盾したこの対応,当事者はもっと怒っていいのではないだろうか?代弁者たる支援者たちも怒れるべきだと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の記事,リンク忘れでした.すいません

5月に毎日新聞大阪夕刊の憂楽帳というコラムに記事が掲載されたことをお知らせしました.

その際,リンクを貼ったつもりが,リンクの処理をしていなかったことに今頃になって気づきました.元記事を修正すると共に,改めてリンクを貼っておきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

久しぶりに新聞に記事が掲載されました.

久しぶりに新聞が記事に掲載されました.但し,決して新聞に載るようなことをしたのではありません(笑)

本日5月18日,毎日新聞大阪夕刊のコラム「憂楽帳」に掲載されました.今までの活動などについて触れていただいた,触法障がい者支援を取り上げながらも,穏やかな記事です.

毎日jpでも見られます.勿論,紙面ビュアーであれば,大阪版ですが全国どこでも見ることが可能です.

http://mainichi.jp/articles/20160518/ddf/041/070/030000c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

鹿児島の強姦無罪高裁判決に思う

毎日新聞から

 鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた元飲食店従業員の男性(23)に対する控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部は12日、懲役4年の実刑判決とした1審・鹿児島地裁判決(14年2月)を破棄し、逆転無罪を言い渡した。控訴審のDNA型鑑定で、女性の体内に残された精液から男性とは別人の型が検出されたことから、岡田信(まこと)裁判長は「強制わいせつと認定する証拠さえない」と述べた。さらにDNA型が特定できなかった捜査段階の鑑定を「稚拙」と批判。特定できたのに捜査官の意向で鑑定できなかったことにした証拠隠しの可能性にまで言及した。

 最大の焦点は、女性の体液から検出された精液のDNA型鑑定の結果だった。捜査段階で行われた鹿児島県警の鑑定は「精液は確認されたが抽出されたDNAが微量で型の鑑定はできなかった」との結果で、1審判決は「精液の検出は『被告から暴行された』との女性の証言を強く裏付けている」と判断していた。

 控訴審では日本大の押田茂實(しげみ)名誉教授(法医学)による再鑑定が実施され、男性とは異なる第三者のDNA型が検出された。さらに、女性が当時はいていたショートパンツの付着物から検出された型とも一致。判決はこの鑑定結果から「事件当日と非常に近接した時期に第三者と性交渉を持った可能性が高い」と認定した。

 また、県警の鑑定について(1)鑑定に使用したDNA溶液の残りを全て廃棄している(2)鑑定経過を記載したメモが廃棄されている--などと指摘し「信用性に疑義がある」と言及。さらに、県警の鑑定ではDNA型が特定されなかったのに、控訴審では容易に鑑定された経緯を踏まえ、「県警の鑑定は著しく稚拙だった可能性がある」と指摘。「実際には型が検出されたのに被告の型と整合せず『鑑定ができなかった』とした可能性を否定できない」と証拠隠しともいえる構図にまで踏み込んだ。

 判決は検察批判も展開した。控訴審で検察側が新たに別の大学教授にDNA型鑑定を依頼し「被告の関与を裏付ける結果が出た」として証拠採用を求めたが、高裁宮崎支部が退けた経緯に触れ、「この鑑定は裁判所や弁護人に秘密裏に行われ、重要な資料の一部が失われた。公益の代表者としての立場を奇貨として行っており信義則違反だ」と述べた。【鈴木一生、志村一也】

検察の理念というのがある.村木さんの事件で検察の証拠ねつ造があり,検察官への実刑判決が出たこともきっかけになり,定められたものである.以下に貼りつけておくが,本当にこの理念,検察官全員が理解しているのだろうか?こういうことがあると,飯塚事件や和歌山カレー事件など,証拠ねつ造や隠蔽が疑われる事件についての疑念が出てこざるを得ない.刑事裁判は真実を明らかにするものだ.

こうなってくると,一部の検察庁に所属するソーシャルワーカーも,証拠づくりに知らぬ間に荷担してしまっているのでは?というようなことも思えてしまう.検察は正義のはず.正義が不当な手段を使うのは,対審構造どころか刑事司法のモラル以前の問題である.私は正義と真心で取り組んでいる検察官を何人か知っている,その検察官たちの心を踏みにじるようなことはやめてもらいたいものだ.

検察の理念

1 国民全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を自覚し,法令を遵守し,厳正公平,不偏不党を旨として,公正誠実に職務を行う。

2 基本的人権を尊重し,刑事手続の適正を確保するとともに,刑事手続における裁判官及び弁護人の担う役割を十分理解しつつ,自らの職責を果たす。

3 無実の者を罰し,あるいは,真犯人を逃して処罰を免れさせることにならないよう,知力を尽くして,事案の真相解明に取り組む。

4 被疑者・被告人等の主張に耳を傾け,積極・消極を問わず十分な証拠の収集・把握に努め,冷静かつ多角的にその評価を行う。

5 取調べにおいては,供述の任意性の確保その他必要な配慮をして,真実の供述が 得られるよう努める。

6 犯罪被害者等の声に耳を傾け,その正当な権利利益を尊重する。

7 関係者の名誉を不当に害し,あるいは,捜査・公判の遂行に支障を及ぼすことのないよう,証拠・情報を適正に管理するとともに,秘密を厳格に保持する。

8 警察その他の捜査機関のほか,矯正,保護その他の関係機関とも連携し,犯罪の防止や罪を犯した者の更生等の刑事政策の目的に寄与する。

9 法律的な知識,技能の修得とその一層の向上に努めるとともに,多様な事象とその変化にも対応し得る幅広い知識や教養を身につけるよう研鑽を積む。

10 常に内省しつつ経験から学び行動するとともに,自由闊達な議論と相互支援を可能とする活力ある組織風土を構築する。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

佐世保の高1同級生殺害少女 医療少年院送致に

本ケースは検察から刑事処分相当の意見がつきながら,家裁は保護処分の判断をした.

鑑定結果では,責任能力には問題がないが自閉症スペクトラム障害(ASD)の影響について指摘されている.ASDの概念には,いわゆる自閉症だけではなくアスペルガー障害(AD)や広汎性発達障害(PDD)も含まれている.要は,発達障害の影響を指摘しているわけである.

ここで強く述べておくが,ASD,AD,PDDいずれにせよ,こういった障がいのある人が犯罪をしやすいということではない.度々こういう報道がなされることにより,多くの人がこういった障がいのある人が,こういった犯罪を起こしやすいような印象をもってしまうが,それは全く間違いである.本件についても審判要旨を見ると,影響について述べられているに過ぎず,障がいが犯行の原因であるということではない.

さて,この事件について,私はフェイスブックや講演などで度々この少女については,保護処分とし,医療少年院送致(現法では第3種少年院送致)が妥当だと述べてきた.理由は色々あるのだが,刑事処分にした場合,現在16歳を超えているので刑務所に収監することになる.しかし,男性であれば少年刑務所があり,特に初犯の少年刑務所(YA,JA)であればかなり専門的な処遇も行われている.しかし,女性の少年刑務所はなく,普通ならば女子刑務所に収容ということになるが,少年の可塑性に配慮した専門的な処遇がなされているとはいえないだろう.また,特別なケースなので医療刑務所というのも考えられなくもないが,治療反応性のある精神障がいではなく,重い知的障がいで特別な処遇がいるというわけでもない.もっとも,今の刑事施設ではこの少女に対して,更生と再犯防止に向けての処遇を行うのは,かなり厳しいと感じるのである.

目には目,歯には歯でそれ相応の罰を加えるべきだという意見もあろう.遺族からすれば,厳罰をもって処して欲しいというのは当然である.しかし,この場合,刑事処分が科せられたとしても,有期刑であり社会復帰が予定されるのである.十分な専門的かつ個別的な処遇がおこなわれ,再犯防止を図ることが必要であることはいうまでもない.また,本当に事件を見つめ直し,謝罪の念を持てるような処遇を行うことが重要であって,刑務所での処遇でこの加害少女に対し十分なことができるかというのは前述したように疑問である.

そういった意味で,私は第3種少年院で専門的かつ個別的な処遇を受けるべきだと考えていた.また,今は少年院の収容者数が減っていて,そういう意味でも個別化が行いやすいのではないだろうか.女性のM級なので,おそらく関東医療少年院か京都医療少年院のいずれかに送致されるのであろう.

新聞で,収容期間が少年院では短いので刑務所で長期にわたりケアするべき旨コメントしていた某先生がおられたが,第3種少年院のおおむね26歳までという教育期間を考えると,10年ほどは処遇されているし,刑務所はそもそも行刑施設であり,ケアすることは目的ではない.少年院送致は保護処分のひとつであり,いわばケアであって,長期間のケアが望ましいということであれば受刑するよりも少年院の方が将来を考えても望ましいであろうと思っていたのである.

今後この少女がどうなっていくのかは分からないが,いつか社会復帰したとき,ご遺族が納得できるような生き方と謝罪の念を持って欲しいものである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

川口市祖父母強盗殺人事件に思う〜フォレンジック・ソーシャルワークの視点で〜

川口祖父母殺害 18歳孫に懲役15年/さいたま地裁

             
      

 川口市のアパートで3月、祖父母を殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人と窃盗の罪に問われた孫の少年(18)の裁判員裁判の判決公判が25日、さいたま地裁であり、栗原正史裁判長は懲役15年(求刑・無期懲役)を言い渡した。

      

 判決で栗原裁判長は、少年が祖父に借金を断られ、祖父母を殺害した犯行について「強い殺意を持って、落ち度もない2人を殺害して金品を奪った」と指摘した。

      

 弁護側は少年が母親から殺害を指示され犯行に及んだと主張し、少年院送致の保護処分を求めたが、栗原裁判長は「借金を確実にさせ るための追い込みの言葉にすぎなかった。母親の供述にはうそはあるものの、強盗殺人を指示していないという点で信用できる」とし、母親の殺害への関与を否 定した。

      

 一方で量刑について、少年の成育環境が犯行に影響したと強調。「(少年は)母親の極めて不適切な養育で不遇な生活を強いられた。 母親に逆らわない性格傾向となり、『殺してでも』などという言葉で、母親に祖父母からの借金を執拗(しつよう)に迫られ、追い詰められた」と述べた。

      

 判決などによると、少年は3月26日、川口市西川口のアパートで、祖父の無職小沢正明さん=当時(73)=と妻千枝子さん=同 (77)=の背中を包丁で刺すなどして殺害。室内から現金8万円とキャッシュカードなどを奪い、市内の現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したなど とされる。

      

 強盗と窃盗罪に問われた母親は9月、さいたま地裁で懲役4年6月を言い渡され、刑が確定している。(埼玉新聞)

無期懲役求刑から懲役15年判決,2名の親族強殺では少年といえども情状が斟酌された結果であろう.

しかしながら,私はこの事件を見て日本の刑事司法における教育的かつ治療的な部分の物足りなさを感じた.本人の受けた虐待など過酷な生活環境,18歳という可塑性のある少年,様々なことを考えると,応報的な刑罰で更生が図られるのか疑問である.そもそも子どもの生活環境を整えるのは大人の義務,社会の義務でもある.故意ではないにせよ,彼の生存権を保証するチャンスを見過ごした,大人と社会の責任は大きいと思う.

この裁判は判決前調査,フォレンジック・ソーシャルワークの必要性を露呈させた事件だとも思う.被告人の責任能力には争いがないようであったし,障がいがあるとの鑑定結果もない中で,生活環境についての調査と処分終了後の更生のあり方についても審議する必要性があるのではないか?

障がいのある人,とりわけ知的障がいや発達障がいのある人の入口支援がクローズアップされているが,本来の更生支援やフォレンジック・ソーシャルワークは福祉的に考えると,支援の必要な人すべてに関わることであり,高齢者,ホームレス等低所得者,少年など支援を要するすべての人を対象としているのであると思う.

兎角,障がいのある被疑者・被告人など限定的になっている今の入口支援であるが,そうではなく,対象者を広げていくひつようがあろう,ジェネリックなフォレンジック・ソーシャルワークが必要なのであると思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

中国地方弁護士会大会のシンポジウムの記事が山陽新聞に掲載されました

岡山で行われた中国地方弁護士大会のシンポジウムで少しお話をさせていただきました.内容はフォレンジック・ソーシャルワークについての報告です.参加者の人数の多さに少し圧倒されましたが,岡山のソーシャルワーカーさんや旧知の弁護士さんともゆっくりお話ができてよかったです.

なお,山陽新聞に記事が掲載されましたので添付します.

Sanyosinbun141011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

ミニ講演会と入学説明会のお知らせ〜宣伝です〜

ミニ講演会とミニ講演会はどなたでもどうぞ!今月から毎月やります.話の内容は毎月変えます.テーマはパート2〜になるかもしれませんが.11月は日程的にミニ講演会が厳しいかもしれません<(_ _)>

  ミニ講演会と入学説明会のご案内
  福祉についてのミニ講演会と入学説明会を行います。ミニ講演会では,福祉の経験のない方には福祉を知る機会に,福祉の経験のある方にとっても学びになるよ うな内容の講演を行ないます。入学説明会では,南海福祉専門学校で,社会福祉士の資格を取得することを検討されている方や社会福祉士資格に興味のある方へ 向けて,本校社会福祉士養成通信課程の概要,入学資格 等のお話をさせていただきます。なお,どなたでもご参加いただ
  ける,ミニ講演会のみのご参加も歓迎いたします。
  日 時: 2014 年10 月26 日(日) 13:30 受付開始
      14:00~15:00 ミニ講演会 「福祉の目でニュースを見る」
      講師:南海福祉専門学校 社会福祉士養成通信課程科長
         原田 和明
     15:10~16:30 入学説明会
  会 場: 南海福祉専門学校 1号館 視聴覚教室(予定)
  申 込: 10 月24 日(金)までにお名前とご連絡先(携帯番号)を本校ホームページのフォームからか,電話,FAX,E-mail でお申し込みください。
なお,お車でお越しを希望される方は,駐車スペースには限りがございますので,必ず事前にその旨ご連絡をお願いいたします。
  連絡先:TEL: (072)262-1094 FAX: (072)261-7886
    E-mail: tushin@nansen.ac.jp.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧