学問・資格

2018年2月14日 (水)

静岡県地域生活定着支援センター 第6回 啓発研修に出講します

【お知らせ】2月26日は,静岡県地域生活定着支援センター 第6回 啓発研修に出講します。応募締切りは2月19日です。

「罪を犯した高齢・障害者の行方」
~地域で支えるための連携を目指して~

地域生活定着支援センターは、矯正施設出所後に福祉的支援が必要な方を支援しています。居場所や支えを失い、地域社会から排除されてしまう人たちを、どう理解し、包摂していくか。そのために必要な支援や連携を、様々な立場、機関の皆様と一緒に考えていきたいと思います。

基調講演  「罪に問われた障害者・高齢者の支援 」
権利擁護&司法ソーシャルワーク研究所 代表 
(社福)大阪手をつなぐ育成会 支援センターい~な 相談支援室長 原田和明 氏

パネルディスカッション
≪助言者≫権利擁護&司法ソーシャルワーク研究所 代表 
(社福)大阪手をつなぐ育成会 支援センターい~な 相談支援室長 原田和明 氏
≪パネリスト≫
「罪を犯した高齢者」
養護老人ホーム平成の杜  主任生活相談員 杉山 知宏 氏

「罪を犯した方の支援」~受け入れ側の困難性~
草笛の会 菊川寮 施設長  福田 和洋 氏
    
「少年院の実情と支援」
神奈川医療少年院  福祉専門官 天宮 陽子 氏

            ≪コーディネーター≫ 
静岡県地域生活定着支援センター  所長 多田 弥生

日時:2018年2月26日(月)
   10時30分~16時30分
情報交換会  17時30分~19時30分
会場:静岡労政会館 6階 大ホール
参加費:無料  (情報交換会参加者は研修当日4,800円お支払いください)

チラシ・申込書「h29.pdf」をダウンロード

H29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

独立型社会福祉士事務所NPO法人ほっとポットが、被疑者・被告人段階にある方の支援を行う他3民間団体(社会福祉士)と連名で、【公益社団法人日本社会福祉士会長】宛へ、公開要望書を発表しました

私も連名で要望書に名を連ねています。

微力ながら,真の刑事司法ソーシャルワークとは何かを世に問いたいと思っています。

2018年1月31日

公益社団法人 日本社会福祉士会会長
西島 善久 殿
     
【法務省法制審議会で議論されている「捜査機関への社会福祉士配置案」に対し公益社団法人日本社会福祉士会として断固反対の立場を表明することの公開要望書】

一般社団法人 東京TSネット
PandA社会福祉士事務所
代表理事 社会福祉士 及川博文

権利擁護&司法ソーシャルワーク研究所
代表 社会福祉士 原田和明

特定非営利活動法人 サマリア
理事長 社会福祉士 黒田和代

独立型社会福祉士事務所 特定非営利活動法人 ほっとポット
代表理事 社会福祉士 宮澤進

 私たちは、東京都内、兵庫県内、埼玉県内において、独立型社会福祉士として、いわゆる「被疑者・被告人段階」にある方への釈放後に向けた相談・調整支援等を行ってきた社会福祉士です。本件については、「刑事司法・司法福祉・リーガルソーシャルワーク・更生支援」領域(以下、本領域)など呼称は様々ですが、本領域において各々が、各地域の実践の最前線に身を置き、独立した社会福祉士として活動している点は共通しています。
 さて昨年より、法務省法制審議会:少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会第3分科会等(※参照 法務省法制審議会ホームページ)において、検察庁(捜査機関)における社会福祉士配置の議論がなされていることは、公益社団法人日本社会福祉士会(以下、貴会)として、当然、早くからご存じであったと思います。
 特に、昨年の法制審議会の分科会においては、ある委員から「措置の対象として,現在この会議で念頭に置いておりますのは18歳,19歳の若年者でございまして,現在,入口支援で対象にしている方とは性質が異なるわけでございます。こういう若年の方たちというのは,自分自身に課せられた約束事を守らなかった場合に,どのような不利益的な措置が待っているのかということ,そういった措置というのがどの程度のものなのか,こういった観点から制度を捉えようとする傾向があるというふうにいえると思います。 なかには,現在の更生緊急保護の枠組みを前提に,補導援護的な措置で対応可能な若年者もいるとは思います。しかし,現行で保護処分を受けているような,要保護性が高い若年者,つまり資質や生活環境に問題を抱えている若年層に対する措置としては,現在の更生緊急保護の枠組みを前提としたものでは不十分ではないかという思いを持っております。こういった層に対する処遇といいますか,措置としては,遵守事項,あるいはそういう言葉はともかくとして,それに類するものを課した上で指導を行い,指導に従わなかった場合には何らかの不利益的な措置が伴うというような枠組みが必要なのではないかというふうに考えております」という発言も示されました。
※引用 法務省法制審議会第3分科会(平成29年9月29日) 第1回会議 議事録p18~p19
 この捜査機関における社会福祉士配置は、捜査機関や捜査機関と一体化した社会福祉士がその要保護性を判断することであり、その身柄拘束中の捜査機関が、捜査の連続性の結果として、当事者へ社会福祉士をつなぐものであり、真の自己選択・自己決定が担保されているとは決して言えるものではありません。捜査機関の措置・処分の結果に怯えざるをえない立場の被疑者被告人段階の方が、捜査機関内部における社会福祉士との面接によって、表面上は各種社会福祉制度に同意してもそもそも自己選択における任意性が担保されているとは言えず「不当に引き出された意思」である可能性が想定されます。
 そもそも各種社会福祉制度における要保護性の判断や、その判断に基づく責任の所在は本来、如何なる機関が担うべきとなっているでしょうか。
 さらにいえば捜査機関にとって都合の良い恣意的な判断が、身柄拘束期間の取り調べと連続して被疑者・被告人段階の方へなされた時、そこに従事する社会福祉士がとらねばならぬ権利擁護機能と、確実に相反する余地が発生します。この点は極めて重大な問題です。
 罪を犯した方の釈放後の安定した生活等を支える社会福祉士が、「措置」「処分」という名目下で利用されることに他なりません。何よりも社会福祉士の職業倫理という点からも、大きな懸念が残ります。また社会福祉の在るべき態度は自律性ですが、司法の態度はそれに相反し権威であり他律性です。もし、ソーシャルワークが権威となり公権力の行使の一部となれば、ソーシャルワークの理念とは解離したものになります。

【1 捜査機関内部に社会福祉士が雇用される方向性について、貴会として断固反対するよう要望します】

 私たち社会福祉士は、抑圧や人権侵害を決して認めてはならぬ社会福祉の専門職能者です。そして私たちの実践には大きな責任が常に求められます。
いわゆる法曹3者(裁判官、検察官、弁護士)に対し、本領域の社会福祉士はこの何れの立場と連携する事が社会福祉士の権利擁護機能との「親和性」の観点から求められるでしょうか。貴会の正式見解をお示し下さい。
 私たちは、法曹3者の機能・役割の違いをしっかり理解しなければなりません。逮捕された方の勾留決定可否や、判決如何によって人の命すら奪う裁判官の機能・役割の一面、被疑者を起訴し身柄拘束期間を長期化させたり、人の命を奪うことを公判において求刑する場面もある検察官の機能・役割の一面を社会福祉士の立場で捉えた時、この2者とは、あくまで当事者理解や社会福祉士の支援活動の理解を促すという範囲内において連携が多少容認できるものの、極めて制限的であるべきとの立場をとっています。
 社会福祉士の権利擁護機能の保持・倫理性の徹底遵守・専門性の担保・職能者としての自律性を踏まえ、私たちは捜査機関に社会福祉士を配置する方向性に断固反対の立場を表明します。
 ついては貴会においても、本件について明確に断固反対するよう要望いたします。
 抑圧や人権侵害を一切認めぬ権利擁護者である社会福祉士として、本領域での在るべき姿は、下記に挙げる権利侵害との関係性からも慎重な判断を要します。貴会が方針を正式表明できる迄は、捜査機関(検察庁)に対し、断固反対の意思を示すよう強く要望します。
 また貴会の方向性が決した際は、速やかにその結果に関し全会員へ貴会ホームページや会報誌等で紹介するとともに、その結論に至った論拠を説明して下さい。

【2 全会員に対し「捜査機関へ社会福祉士を配置すること」の議論を公開して下さい】

 貴会には司法福祉委員会がありますが、本件に関する議論内容は文書で公開されていません。わが国最大の会員規模を有する「社会福祉の専門職能団体」として、捜査機関への社会福祉士職域拡大において懸念されるリスク・課題点を熟議し尽くしたのでしょうか。
 議論内容が全会員へ公開されていない為、その議論過程を私たちは今、知り得ることすらできません。組織としての透明性・健全性の観点から考えても、最近の司法福祉委員会の在り方に強い疑問を抱かざるを得ません。こういった姿勢そのものが「捜査機関に社会福祉士を配置する方向性を事実上黙認している」と、外部の私たちから指摘される心情へとつながっています。本件に関し、全会員へ迅速に情報の再分配をして下さい。
 一方、捜査機関に社会福祉士を配置することに関し貴会理事会、貴会司法福祉委員会において何らかの決定があったとすれば、極めて重大な決定です。全会員に対しその議論内容と結果の公表と説明責任を速やかに果たして下さい。
 私たち側も、本要望書をそれぞれの媒体で公開します。貴会におかれましても、本公開要望書について、こういった反対意見が会長宛に寄せられた事実を、様々な媒体・機会を通じ紹介し、全国の社会福祉士から本件に関し広く意見を聴取し、議論を活発化させるよう取り組んで下さい。

【3 「捜査機関による捜査・取り調べ過程やそれに類する過程で生ずる様々な権利侵害行為」が発生した場合、社会福祉士は権利擁護者としてどう考え行動すべきであるのか「社会福祉士の倫理綱領及び行動規範」に従い、会員に対し広く貴会の見解を表明して下さい】

 本領域において独立型社会福祉士として、被疑者・被告人段階にある方の相談・調整支援等を日頃行う私たちは、当然、権利擁護の立場で活動しています。 
 それゆえに捜査機関による権利侵害行為について、当事者から打ち明けられたり相談される場面が十分に想定されます。
捜査機関への社会福祉士配置がこのまま進むことは、捜査機関の社会福祉士によって、被疑者・被告人段階の方に対して、捜査機関による権利侵害行為や、それと類するような発言・行為に加担してしまう可能性が予見されます。
 仮に、捜査機関に雇用される社会福祉士によって、身柄拘束中にある被疑者・被告人段階にある方から同意を得たという名目で、福祉制度・福祉施設入所利用を強要された場合、またそれと類する疑わしき行為・発言を社会福祉士が把握した場合、どのように対処するのが適切か、貴会としての見解を広く公開する形で全会員へご教示下さい。
 なお当然に捜査機関内部の権利侵害行為は、糸口すら見えぬほど究極的閉鎖環境・圧力関係の中で、巧みに行われるケースが想定できます。こういった極めて重大な課題を解決する主体的責務こそ、貴会にある点を強く自覚して下さい。
 そして捜査機関の取り調べ等の過程における権利侵害は、かねてより様々な報道などを通じ問題になっています。貴会理事会の理事は、この点についてしっかりと熟議を行って下さい。
 参考として、捜査機関による取り調べ過程などでどのような権利侵害が行われたことがあるのかに関し、日本弁護士連合会は過去にアンケート調査を実施しています。内容をご覧いただき、捜査機関による権利侵害に対し、社会福祉士はどう立ち振る舞うべきなのか、貴重な資料としてご活用下さい。
※参照
日本弁護士連合会ホームページより「検察改革への取り組み」
「検察官の取調べについての全会員アンケート集計結果」(2017年2月17日)

以上

公開要望書 「20180131165342611.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

フォレンジック・ソーシャルワーク(刑事司法ソーシャルワーク)研修のお知らせ

平成21年度から矯正施設や更生保護施設、地域定着支援センターにおいて、社会福祉士が配置され、刑余者等への支援を行っています。兵庫県でも、地域の福祉施設や相談機関等とのネットワークが少しずつ形成され、再犯防止や地域での自立生活を支援する実践が進んでいます。また、知的障害や認知症などの特性から逮捕された時から支援が必要な場合もあり、相談支援事業所や地域包括支援センターなど地域の支援機関の果たす役割に期待が寄せられています。

本研修は、地域で福祉施設や相談機関に従事している社会福祉士や精神保健福祉士、司法分野に関心のある福祉関係者が、犯罪をした知的・精神障がい者や高齢者等への支援(フォレンジック・ソーシャルワーク)について理解を深めるとともに、スキルアップを図ることを目的に、開催します。

研修前半の講演では、これから刑事司法ソーシャルワークに携わる方、関わり始めて間もない方も幅広く知識を習得できるよう、「刑事司法ソーシャルワーク入門(課題)」を学びます。研修後半は、グループディスカッションや事例検討を用いて、実際の支援を参加者の方とともに学びたいと思います。参加者からの事例の提供や相談も歓迎します。更生保護分野に関係されている社会福祉士、精神保健福祉士等はもちろんのこと、関心のある方々、社会福祉士以外もご参加頂けます。是非お誘いあわせの上、ご参加下さい。

.日時   平成30年3月4日(日)13時30分~16時30分(受付13時~)

2.場所   兵庫県福祉センター202会議室 神戸市中央区坂口通2-1-1 

3.主催   兵庫県社会福祉士会更生支援委員会

4.定員   50名(先着受付します。受講決定書は送付しません。そのままご参加ください。なお、定員を超えた場合のみ、当方より通知いたします)

5.対象者  更生保護分野に従事されている方、またはご関心のある方々

6.内容   ○講演 仮題「刑事司法ソーシャルワーク入門」 講師:原田和明更生支援委員会委員長

       ○グループディスカッション・事例検討

        コーディネーター:原田和明更生支援委員会委員長

        ファシリテーター:山下孝光副委員長(明石市社会福祉協議会) 佐藤寛士委員(明石市役所)

7. 参加費  社会福祉士会会員1000円、非会員2000(資料代含む)

http://www.hacsw.or.jp/html/joho-kenshu-ichiran.html

チラシ申込書 「2017.pdf」をダウンロード
2017
2017_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

【再掲】 非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会のお知らせ

この研修も4回目となりました,私は今年度も武蔵野大の木下さんと共に第4分科会「地域における支援」を担います.多くの皆さんのご参加をお待ちしています.

「非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会」
日時:2018年2月15日(木曜日)13:30-17:00、16日(金曜日)9:30-16:00
会場:「TKP神田ビジネスセンター」(東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル3~8F )
主催:国立のぞみの園
【第1日目】基調講演「そだちを剥奪された人(仮)」(脇中洋・大谷大学)+鼎談(脇中洋・大谷大学、森久智江・立命館大学、水藤昌彦・山口県立大学
【第2日目】事例検討による双方向型事例検討会
(1)犯罪行為からの離脱
(2)更生保護と福祉の連携
(3)性加害行為者への支援
(4)地域における支援
(5)当事者とのポジティブな関係づくり

お申し込みはのぞみの園のHPをご覧ください.
http://www.nozomi.go.jp/training/index.html

チラシ 「2018.pdf」をダウンロード

2018

2018_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします

1日遅れてしまいましたが,新年明けましておめでとうございます。

昨年は,大阪手をつなぐ育成会に入職して2年目でバタバタしました。本年は4月に支援センターい〜な・箕面育成園がグループホームに移行します。その準備のため,計画相談の仕事だけではなく様々な仕事が増える予定です。

そういった中でも,研究の継続は行っていかねばなりません。昨年は,論文1本を提出しましたが,学会発表は障害学会の1回だけでした。今年はもう少し研究の方にも力を入れていかないといけないと思っています。

2月にはのぞみの園の「非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会」で東京へ,また他の研修会で静岡に出講予定があります。3月には兵庫県社会福祉士会更生支援委員会のフォレンジックソーシャルワーク研修を予定しています。
本年もよろしくお願いいたします。
909494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会のお知らせ

この研修も4回目となりました,私は今年度も武蔵野大の木下さんと共に第4分科会「地域における支援」を担います.多くの皆さんのご参加をお待ちしています.

「非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向参加型研修会」
日時:2018年2月15日(木曜日)13:30-17:00、16日(金曜日)9:30-16:00
会場:「TKP神田ビジネスセンター」(東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル3~8F )
主催:国立のぞみの園
【第1日目】基調講演「そだちを剥奪された人(仮)」(脇中洋・大谷大学)+鼎談(脇中洋・大谷大学、森久智江・立命館大学、水藤昌彦・山口県立大学)
【第2日目】事例検討による双方向型事例検討会
(1)犯罪行為からの離脱
(2)更生保護と福祉の連携
(3)性加害行為者への支援
(4)地域における支援
(5)当事者とのポジティブな関係づくり

お申し込みはのぞみの園のHPをご覧ください.
http://www.nozomi.go.jp/training/index.html

チラシと申込書 「2018.pdf」をダウンロード

2018
2018_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

昨日は、特定非営利活動法人・チェンジングライフ活動報告会「制度の隙間に落ち込んだ子どもたち」のパネルディスカッションに登壇しました

昨日は、非行少年の更生支援に取り組んでおられる、特定非営利活動法人・チェンジングライフ活動報告会「制度の隙間に落ち込んだ子どもたち」に参加し、午後のパネルディスカッションに登壇しました。

とても多くの皆さんが参加されていて、大変驚きました。

午前の高坂氏の基調講演と野田氏の実践報告は、大変機知に富むものでした。また、パネリストの皆さんのご報告も、それぞれ特徴があり素晴らしいものでした。

全体的には矯正や強制ではなく共生が共通のキーワードなんだと思います。更生支援という文言にも少し抵抗感がありつつ使っている私ですが、更生支援よりも共生支援ではないかと思います。特に、罪を犯して刑事司法の処分を受けた人は、身柄拘束など公権力による不利益処分を受けていたわけです。なので、処分が終わった後は、社会の中に包摂し、共に生きていくことを支援するのが大切なんだと思います。

継続的な支援として、保護観察中の保護観察官や保護司によるソーシャルワーク的なアプローチやアフターフォローが必要になってくるのかと思っています。また、ソーシャルファームをもっと創設して、社会において当たり前のものにしていくことも必要なのでしょう。
2017114


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

遅くなりましたが、鳥取の皆様ありがとうございました

遅くなってしまいましたが、10月16日は鳥取県地域生活定着支援センターにお招きを頂き、講演会に出講いたしました。

沢山の方々がみえられていて、お名刺も何人かの方々と交換させていただきました。鳥取は義父の故郷で、子どもたちは毎年義父と訪れていますが、私は久しぶりに鳥取に行きました。鉄道で鳥取に行くのは初めてです。以前から乗ってみたかったスーパーはくとを往復利用しました。ディーゼルの味のあるいい列車です。電源もあって快適でした。
Img_1516

お招きいただいた鳥取県地域生活定着支援センターの法人内にある、就労継続支援B型事業所で製造販売しているという、美味しいサンドイッチを頂きました。
Img_1520
鳥取県地域生活定着支援センターの皆様方には、当日お忙しい中、送り迎えをしていただき、またお土産も頂いて本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

11月4日は「制度の隙間に落ち込んだ子どもたちの支援を考える」のシンポに登壇します

11月4日(土)は,非行少年に寄り添い,更生支援に尽力されている,野田詠氏牧師が代表を務めるNPO チェンジングライフ 活動報告会「制度の隙間に落ち込んだ子どもたちの支援を考える」の午後のシンポジウムに登壇します。

登壇する方々のほとんどは知り合いというなかで,忌憚なき意見交換が出来ればと思っています。

NPO チェンジングライフ 活動報告会「制度の隙間に落ち込んだ子どもたちの支援を考える」

日時 11月4日(土) 10:30〜16:00
場所 エル大阪(大阪府立労働センター)南ホール  地下鉄,京阪天満橋駅徒歩7分
「制度の隙間に落ち込んだ子どもたちの支援を考える」チラシ
2017114_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

10月16日は鳥取に行ってきます

10月16日は,鳥取県地域生活定着支援センター主催の講演会に出講します。鳥取県周辺の皆様で,原田の話を聞いてみたいという方がおられましたら,ぜひお越しください。

また,お声がけや名刺交換なども是非お願いいたします。
鳥取県地域生活定着支援センター 講演会
「地域で創る優しい社会を目指して」
日時 2017年10月16日(月) 13:30〜15:30  12:45〜受付開始
場所  鳥取県立福祉人材研修センター  ホール
演題  「地域における罪を犯した障がい者・高齢者支援  〜共生社会を目指して〜」
Photo
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧