コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): https://www.harady.work
居住地: Japan
誕生日: 9月 21日

1行紹介

35年以上福祉の仕事をしてきました。初めての福祉の仕事は,生活保護施設でした。少々のことでは驚きません!研究のためにもソーシャルワーク,特に司法ソーシャルワーク(フォレンジックソーシャルワーク)は一生続けていきます。

自己紹介文

障がい者福祉の世界では,私のことをすでにご存知の方もおられると思います。今までは更生保護,とりわけ触法障がい者や触法高齢者の刑事手続きにおけるソーシャルワーク実践や研究を中心とした仕事をしてきました。更生支援計画は,平成15年に初めて書きましたので,日本での元祖更生支援計画作成者かと思います.
また,さらには成年後見人等も何名か受任していて,自称司法ソーシャルワーカー(フォレンジックソーシャルワーカー)です。
大阪市西成区の生活保護施設勤務を皮切りに,知的障がい者の通所授産施設,地域療育のコーディネーターを経て兵庫県西宮市で障がい者相談支援事業所の所長兼相談支援専門員をしていましたが,2011年3月末で退職しました。これまでも短大や専門学校で非常勤講師として教鞭をとった経験がありましたが,2011年4月に大阪府高石市にある専門学校,南海福祉専門学校の専任講師(社会福祉士養成通信課程科長)に着任しました。しかし,2016年3月末に退職しました.2016年4月から,大阪府箕面市で障害者相談支援,居宅介護支援の事業所で管理者として仕事をしました。2018年4月からは,人事異動で障害者相談支援,居宅介護支援に併せて生活介護と居宅介護の所長を兼任しました。2020年4月に再度人事異動で大阪市東成区の障害者相談支援事業等の責任者と引き続き大阪府箕面市での障害者相談支援,居宅介護支援の管理者を兼任し実践メインで仕事をしていました。2021年4月からは,人事異動で活動部活動支援室長を拝命し,更生相談(様々な生活や権利擁護相談),本人活動,セミナーなどの育成会活動の仕事を大阪市東成区と箕面市を拠点として活動していました。2021年10月からは,活動部活動支援室と障害者相談支援事業所の中央支援センターの室長として大阪市東成区のみで活動しています。また、大学院,大学,短大の非常勤講師として教育現場にも関わっています.
私は一生ソーシャルワーカーだと思っていますので,ソーシャルワークは続けていきます。特に,司法ソーシャルワーク(フォレンジックソーシャルワーク)は,形が少し変わるかもしれませんが,ずっと続けていきます!
また,「はらだソーシャルワーカー事務所」を個人的な実践と研究活動の場としていきたいと思います。さらに,今まで理事として活動していた,司法ソーシャルワーク研究所を一般社団法人化し代表理事に就任しました。
仕事柄今までは,拘置所や刑務所,裁判所と司法関係の機関に出入りすることが多かったですが,これからも時間がある限りフィールドワークを兼ねて出入りしたいです。
持っている福祉関係の資格は,社会福祉主事,社会福祉士,介護福祉士,精神保健福祉士,公認心理師,介護支援専門員,相談支援専門員,福祉住環境コーディネーター2級などです。働きながら大学院でも学び,社会福祉学修士の学位もあります。
所属団体は,日本社会福祉学会,日本司法福祉学会,日本犯罪社会学会,日本更生保護学会,日本ソーシャルワーク学会,障害学会,日本社会福祉士会,日本精神保健福祉士協会です。
兵庫県社会福祉士会更生支援委員会顧問や国立のぞみの園の双方向研修の講師などもやっています。
2011年2月にA-unitメンバー4人で共著した「罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援」という本を現代人文社から出版しました。その他毎年1本程度は出版物や論文を出しています。
研究者としてもう一踏ん張りしたくなり,2015年4月から立命館大学大学院 社会学研究科 応用社会学専攻 博士課程後期課程に入学しましたが2022年9月に単位取得満期退学しました。よろしくお願いいたします。

興味のあること

料理好きです。お昼の弁当は自分で作っています。福祉関係者なんですが最近は刑事手続や法律,特に刑法や更生保護の関係の本を読むことが多いですね。それから,依存症や刑務所関係の本をよく読んでいます。 なおかつ酒好きでしたが,最近は少しだけ控えています(^_^;) ちなみに第2級アマチュア無線技士でもあります。